10月8日午後4時40分頃に、長野市の善光寺で、国宝に指定されている本堂や国重要文化財の三門、経蔵などに落書きが見つかったと、善光寺から長野中央署に通報があったそうです。

落書きは5施設で20~30か所見つかり、長野中央署は【器物損壊】や【文化財保護法違反】の容疑で捜査を開始したそうです。

長野中央署の発表によると、落書きは柱や壁などに白色のマーカーペンのようなもので書かれており、大きなもので約12センチ四方になるものがあったそうです。

大半が「×」印のように見え、判別できる文字はなかったとの事で、善光寺周辺にある他の宗教施設でも落書きが見つかっており、長野中央署が確認を進めているとの事です。

善光寺では2008年4月にも、本堂の7か所に白いスプレーによる図形や直線の落書きが見つかっており、翌月に修復された過去があります。

という事で、善光寺の落書き騒ぎについて調査していきたいと思います。

題して、

『善光寺の落書きした犯人像が判明!?犯行動機や今後の対策は?』

いってみましょう!!!

Sponsored Links

 

善光寺の落書きした犯人像が判明!?

『善光寺の落書きした犯人像が判明!?』ということで、今回の事件の犯人像について調査していきましょう。

善光寺の落書きした犯人像についてですが、具体的な犯人像はまだ確認する事はできませんでした。

ですが、今回の落書き事件については海外旅行客の悪戯ではないかという見方が強そうです。

現在警察が捜査を進めている所なので、何の確証もありませんが、色々な所から意見を集めてみたところそのような見解が多かったです。

勿論、日本人の仕業でもある可能性はありますし、現に2008年の落書き騒動は日本人が犯人だったと思います。

いずれにしても国宝の建造物に対してこのような事件を起こしてしまったわけですし、他の場所にも落書きがされているそうなので、長野県警は早く犯人の目星をつけなくてはいけませんね。

※追記です。

長野県警は10月10日、建造物損壊などの疑いで長野市内の無職の女(47)を逮捕したという報道がありました。

女は容疑を認めているという事です。

長野県警によると、国宝の善光寺本堂のほかに、周辺の寺院や長野県庁など計30箇所以上の施設で同じような落書きが確認されているという事で、関連を調べているそうです。

現場付近の防犯カメラの映像などから女を特定する事ができたとのこと。

逮捕容疑は、10月8日午前11時頃に、善光寺世尊院釈迦堂の柱と玉垣に白いマーカーペンのようなもので、複数の「×」印を書いた疑いです。

 

善光寺の落書きした犯行動機や今後の対策は?

『善光寺の落書きした犯行動機や今後の対策は?』ということで、落書きに対しての動機や対策について調査していきましょう。

落書きした犯行動機についてですが、特定はできていません。

日本人にしても外国人にしても悪戯心が働いてしまったのではないかという考えが多いようですが・・

一つ気になったのが、仮に外国人の犯行だとすると善光寺内の色々な場所や他の施設に同じようなマークがマーカーペンのような物でされているという事ですので、もしかしたら何にも知らない海外観光客が施設ごとにマーキングしていってしまっているという可能性があるのではないでしょうか?

あくまで僕の主観ですので、何の証拠もありませんが・・・

いずれにしても、犯行動機自体は大した動機では無いような気がします。

落書きに対する今後の対策についてですが、善光寺からはまだ具体的な対策の発表などは無いようですね。

落書きに関しては早急に修復されると思いますが、防犯施設の強化や文言なども早急に必要となりますよね!?

それと、国宝に対する犯罪の重要度を法律改正で引上げる必要もあるのではないでしょうか?

その方が今回の善光寺だけではなく、他の建造物に関しても対策がしやすくなると思います。

 

Twitterの反応

Twitterの反応ということで、紹介していきます。

 

という感じで、皆さんも色々と思う所があるようですね。

 

まとめ

今回は、『善光寺の落書きした犯人像が判明!?犯行動機や今後の対策は?』ということで、調査・紹介をしてきましたがいかがだったでしょうか?

色々な方の意見はありますが、共通しているのは『犯人は許さん』ということなので、警察はヤッケになって探していただきたいと思います。

善光寺さんも今回の落書き事件は2回目という事で、前回と今回の教訓を基に更なる対策はされるでしょう。

国宝建造物なので、そういう所も普通に対策強化というわけにはいかないものなのでしょうかね?

その辺りはよくわかりませんが、こういった事で騒動になるのはやる方がもちろん悪いのですが、やられてしまう方にも落ち度はあると思いますので、国はしっかり考えていってもらいたいと思います。

 

今回は以上になります。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました!!