こんにちは、栗です!

今回は、7月29日と30日に開催される『台湾フェスタ2017(代々木公園)』について調査していきたいと思います。

台湾フェスタ2017は上野で開催され、大好評だったため代々木公園でも開催される運びとなったようです。

台湾フェスタはアーティストによる野外ライブで盛り上がるもそうですが、台湾ならではの食べ物が出店されるのも魅力の一つですよね!?

そんな台湾フェスタ2017(代々木公園)について、気になったのでアーティスト関係とアクセス関係について調べてみる事にしました。

題して、

『台湾フェスタ2017(代々木公園)のタイムテーブルや料金・アクセスは?』

いってみましょう!!!

Sponsored Links

 

台湾フェスタ2017(代々木公園)のアーティストのタイムテーブルは?

『台湾フェスタ2017(代々木公園)のアーティストのタイムテーブルは?』という事で、台湾フェスタ2017で開催される野外ライブについて調査していきましょう。

台湾フェスタ2017の野外ライブは、基本的に台湾出身や台湾で活動されているアーティストによるライブとなるようです。

なので日本の有名アーティストが出てくる事は無いと思いますが、サプライズがあるかもしれませんし、台湾アーティストの中でお気に入りのアーティストもしくはライブでお気に入りになるアーティストが出てくかもしれませんのでチェックしてみて下さい!

野外ライブのタイムテーブルは、引用で貼っておきますのでご確認ください。

台湾アーティストで構成されていると聞いていましたが、結構日本の方がいますね。

まだ有名でない人だったり、大学のサークルなどですが、日本の方も参加されるようです。

 

台湾フェスタ2017(代々木公園)の料金・アクセスは?

『台湾フェスタ2017(代々木公園)の料金・アクセスは?』という事で、台湾フェスタ2017の会場までのアクセスや会場内の料金システムを調査していきたいと思います。

台湾フェスタ2017の料金体系についてですが、会場内への入場は無料となります。

基本的にかかるお金は、フェスタ内での飲食代のみとなりますので飲食店を覗きながら使う金額を決めて頂ければ問題ないと思います。

台湾フェスタ2017へのアクセスですが、電車でのアクセスは下記の通りとなります。

*JR山手線『渋谷駅』ハチ公口 徒歩14分

*JR山手線『原宿駅』 徒歩8分

*地下鉄 千代田線『明治神宮前駅』 徒歩6分

*地下鉄 千代田線『代々木公園駅』 徒歩6分

*小田急線 『代々木八幡駅』 徒歩10分

といった感じです。

近くに駐車場スペースが無いようですので、電車での来場がお薦めとなります。

雨天の場合でも、よほどではない限りフェスタは決行されるそうなので覚えておきましょう。

 

まとめ

今回は『台湾フェスタ2017(代々木公園)のタイムテーブルや料金・アクセスは?』について、調査と紹介をしてきましたが、いかがだったでしょうか?

僕自身、台湾フェスタというイベントをあまり知らなかったので今回の代々木開催には足を運んでみようかと思います。

フェスタ内の飲食関係で台湾ならではの焼小籠包や串フォンデュの店舗が多いようなので、食べ比べをしてみても面白いかもしれませんね!!

台湾フェスタ2017は、日本と台湾の交流をさらに推進することと台湾の魅力を多くの人に知ってもらいたいという事を目的として開催される日台交流イベントだそうです。

いずれにしても、7月29日と30日に足を運んで頂き雰囲気を体験されてみてはいかがでしょうか?

今回は以上になります。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました!!