こんにちは、栗です!

野球の攻撃時には、1番から9番までの構成で点数取りをしていきます。

その為、『打順』は重要な構成となってきます。

それぞれのバッターにしっかりと役割があり、チーム監督は相手の投手・自軍の選手を見ながら試合展開を予測して決定していきます。

相手チームは必死で点数を取られまいとして守ってくるので、『ホームランを打てる人』『足の速い小回りの利く選手』だけで打順を適当に組んでしまうと、攻撃として機能しなくなり点数を取る事ができません。

今回は、打順の組み立てについて解説をしていこうと思います。

 

各打順の特徴を紹介!

各打順の特徴と言っても、チーム監督の考え方次第で結構変わってきてしまいますので基本的な特徴の考え方をお伝えしていこうと思います。

1番から9番までを一つずつ簡単に特徴を解説します。

1番 → チームの先頭打者として相手投手の癖や持ち球を見抜く事が仕事となります。

一番打率が良い選手を置きヒットで流れを作ろうとする監督もいます。

2番 → 一番小技が出来る選手を置くケースが多いです。

バントやフェイントなどが上手な選手の事です。

3番 → チームで最も信頼できる選手を置くケースが多い打順です。

小技もでき打てば長打力も兼ね備えている選手の事です。

4番 → 打順の要。チーム一の長距離砲を置きケースが多く見られます。

打てばチームが活気つく選手をおきます。

5番 → 潜在能力の高い選手を置くケースが多いです。

待っていれば必ず何かやってくれると思える選手の事ですね。

6番 → チームで一番勝負強い選手を置くケースが多いです。

打順の統計でチャンスに一番回ってきやすい打順です。

7番 → 俗にいう『一発屋』を置くケースが多いです。

打率は低いもののここぞという所で打ってくれる選手の事です。

8番 → 基本的には打撃より守備に期待してこの打順に置かれる選手が多いです。

しかし、打順の流れで『第二の4番』として使われる選手も多いです。

9番 → 打順のラストバッター。1番へのつなぎが重要な為打順です。

隠れ1番バッターとして置かれる選手も多いです。

 

基本的な打順の特徴はこんな感じです!

Sponsored Links

打順の構成は超重要!!

冒頭でもお話しした通り、打順決めは超重要となります。

打順が機能するかどうかはチーム監督の采配いかんになりますので慎重に考えていきましょう!!

打順は、 『上位打線』『中軸打線』『下位打線』の3通りで構成されます。

まずは、どういう攻めをしていくかをしっかりと決めなければなりません。

上位かで流れを作り中軸で攻め込み、さらに下位で再チャンスを作り上位で返す打順構成が一般的です。

監督は、超攻撃型・堅実型・2パターン構成型・ポイント型の4種類で打順構成をしていくことになるでしょう。

・超攻撃型

1番から9番までを打って打って打ちまくるという構成です。

打ちまくると言っても繋ぎ役の選手と決める選手はしっかりと分類されています。

・堅実型

→大砲と呼ばれる選手は、なかなかいるものでは無いのでバントや盗塁・進塁打等でチャンスを物にしていこうとする打順構成となります。

・2パターン構成型

なんじゃそりゃ!?

と、思われた方がほとんどかと思います。

要は、打順の中に1~4番を2つ構成するという事です。後の一人はつなぎ役ですね。

・ポイント型

守りのチームによく見られる打順構成ですね。

1番から9番までの間に『ここで点数を取る』というポイントを打順に盛り込みます。

 

他にもいろいろとパターンは存在しますが、大きく分けられるのはこの4つでしょう。

監督によっては、型を決めずにその日の対戦投手で打順構成を随時変えて試合に臨むこともあります。

 

まとめ

打順は重要という事と特徴を解説してきました。

色々な形の打順構成がある為、こうしなければならないという事は全くありません。

大事な事は、

監督はチームカラーをしっかり構築し、打順を決めていく!!

という事になると思います。

そして、選手はおかれた打順に対しての役割を全うするために練習をしましょう。

僕の経験値で何の根拠もない話となってしまいますが、打順構成がしっかりしているチームは各打順の選手が自信を持っており、守っている方からするとオーラを感じます。

『このチーム、攻撃強いな』という感じのオーラです。

反対に構成が弱いチームは、『別に何やっても点取られないかも』というような心理になりました。

打順構成がしっかりしたチームを作り上げ、相手チームをビビらせまくりましょう!!!