こんにちは、栗です!

前の記事で、投手・捕手・内野手の基本や役割について解説をしてきました。

今回は、守備の最終ポジションの外野手について解説していくわけですが、皆さんは外野手についてどういう印象・イメージを持っていますか?

『広い所を守る人』

『ホームランボールをかっこよく取る人』

『ギリギリのフライをスライディングで取る人』

『プロ野球で言えばアウトを取ったら観客にボールをくれる人』

と言ったイメージでしょうか!?

アウトを取るのに派手なアクションという印象があると思います。

どの印象・イメージも間違いではありません。

外野手には外野手でしかできない重要な役割

がありますので、印象・イメージを残したまま『基本ポジション紹介』と『役割解説』を読んでいただければと思います。

 

外野手の基本ポジションと適正を紹介!

外野手の役割を知っていただく前に基本的なポジションと適正を紹介していきます。

 

・左翼手(レフト)

内野手のサードとショートの後ろが守備位置となります。

外野手の中では最も強いフライ(ライナー)と強いゴロが飛んできます。

なので、打球判断の早い選手がこのポジションにつく事が多いです。

 

・中堅手(センター)

内野手のショートとセカンドの後ろにポジショニングします。

野手の中で最も守備範囲の広い選手が守ります。また、センターポジションは捕手・投手の中心ラインに位置する為、広い視野を持ち打球の行方や走者・野手の状況などを見る選手が起用されます。

 

・右翼手(ライト)

内野手のファーストとセカンドの後ろにポジショニングします。

外野手の中では最も遠くにボールを投げるケースが多いので肩の強い選手が起用されます。

また、ファーストの後ろに守備位置を置いている為、野手の送球に対してのカバーリング動作が最も多いポジションでもあります。

Sponsored Links

守る野手の最終ポジションの役割とは?

基本的なポジションと適正を紹介したところで、

外野手の役割とは何なのかを解説していきましょう!

 

①守る野手の最終ポジション

タイトルにも書きましたが、なぜ外野手の事を最終ポジションというのか?

それは、外野手の後ろを守る選手はいないからです。

つまり、外野手の後ろにボールを抜かれてしまうと確実に長打コースとなり走者がどんどん進んでしまうという事になります。

なので、守る側にとっては『最後の砦』的な存在になってきます。

 

②内野手のカバーリング

外野手の役割の中ではこれが最重要と言っても過言ではないと思います。

内野内でプレーがされている時に外野手はボールの向かう方に走り、内野手がボールを逸らしてしまっても走者が進塁できないように後ろでカバーリングします。

これをやっているのとやっていないのでは雲泥の差があります。

例えば、内野間で走者を挟み込む『狭殺プレー』が行われた時に、走者はアウトになるまいと内野手に対してフェイントなどを掛けミスを誘ってきます。

人ですので時にはミスを誘発されてしまいボールを逸らしてしまう事もあるでしょう。

ここで、先程の解説の様に外野手がカバーリングをしているかしていないかで走者が留まるか進むかが決まってきます。

当然、カバーリングが無ければ走者は迷いな進みます。

カバーリングをしていれば走者をその場に留める事になりますし、運が良ければ逸らしたと思い走り出した走者をアウトにすることも可能となるのです。

 

③打者や球場状況・配球によってポジショニングを毎回変える

外野手は1球1球に注意しポジショニングしなければなりません。

・打者が右打ちなのか左打ちなのか? 
・打者が右に打つのが得意なのか左に打つのが得意なのか?
・打者の打順はどうなのか?
・走者の位置はどうなのか?
・投手が次に投げるボールが外角なのか内角なのか?
・球場に舞う風や空の雲の状況はどうなのか?
等々・・・

状況に応じたポジショニングをする事により相手チームの得点確率を下げる事が可能となってきます。

 

まとめ

外野手のポジショニングと適正・役割について解説しました。

外野手とは、大きなフライや際どいフライを地面スレスレの球際でキャッチし、魅せる野球をする一方で守る為には欠かせない裏方的な役割を持っています。

僕も外野手経験は多めにある為、カバーリングの重要性は身を持って体験しています。

オカルト的な話ですが、外野を守っていてカバーリングを忘れてしまった時は体感的にかなりの確率で得点を奪われていたと思います。

一方で、ヒット性の打球をダイビングでキャッチしたり外野から本塁へ送球し得点寸前の走者を捕殺するなどの気持ちいい経験も数多く体験できています。

 

外野手は表裏のはっきりしたポジションであるという事ですね!

 

外野を始めた時は、打球判断ができなかったり、カバーリングの動作が分からなかったりの連続と思いますが、ぜひ挑戦してみて下さい!!!