赤血球が増えるのを助ける細胞をヒトのiPS細胞から作製、移植することで腎臓機能の低下によって起きる腎性貧血を改善することに、京都大と香川大の研究チームがマウスの実験で成功したという報道がありました。

細胞移植による新たな治療法の開発につながる可能性があるとして、9月28日に、『米科学誌サイエンス・トランスレーショナル・メディシン』に発表するそうです。

腎臓の働きが下がると、ホルモンが分泌されず貧血状態になります。

京都大学の研究チームは、人の皮膚の細胞から作ったiPS細胞で、エリスロポエチンというホルモンを作る細胞を作製し、このホルモンは腎臓で分泌されて骨髄に赤血球を作るよう促すようにしました。

これを、腎性貧血を起こしたマウス6匹にこの細胞を移植すると、4週間後には赤血球が正常値まで改善し、7カ月間にわたって治療効果が続いたそうです。

がん化や赤血球が異常に増える副作用が起きないことも確認されたそうです。

ということで、iPS細胞について調査していきたいと思います。

題して、

『iPS細胞のマウス実験成功で実用化はいつ?原因不明の病気も解明?』

いってみましょう!!!

Sponsored Links

 

iPS細胞のマウス実験成功で実用化はいつ?

『iPS細胞のマウス実験成功で実用化はいつ?』ということで、iPS細胞の実用化について調査していきましょう。

iPS細胞の実用化はいつになるのか調査してみましたが、現段階ではまだまだ先という感じのようです。

今回のマウス実験成功では、人生患者に対する費用対効果が大きく見込まれるとして成果の報告がされるようですね。

腎性貧血患者は、国内で30万人いるとみられており、人工のホルモン剤を定期的に注射する治療を受けていますが、血液中の濃度を一定に保つことが難しく、心筋梗塞などを起こす恐れもあるとのこと。

治療費用も年間で1千億円程の高額医療費となっているそうです。

人手の研究はまだ先の段階のようですが、研究チームは『1回の細胞移植で赤血球の量を一定に制御、心筋梗塞などのリスクを減らせると期待できる』と話しています。

という感じで、研究チームの長船健二教授は話されています。

ここのところ、iPS細胞の実験成果報告が具体的になってきているので、実用化も近い将来発表があるかもしれませんね。

 

iPS細胞は原因不明の病気も解明?

『iPS細胞は原因不明の病気も解明?』ということで、iPS細胞が原因不明の病気なども解明してしまうのかどうか調査してみましょう。

iPS細胞が原因不明の病気まで解明できてしまうのか調査してみましたが、iPS細胞はこれまで病態に未解明の部分が多い為に治療薬開発が進んでいなかったALS(筋萎縮性側索硬化症)の新薬開発や発症メカニズムの解明に大きな前進が出来た事や色々な部分で最新医療成長の可能性が発表されているそうです。

今後も、不治の病とされている病気や原因不明の病気などの治療法や対処法などに大きな進歩をもたらすとして、大いに期待されているそうです。

 

まとめ

今回は『iPS細胞のマウス実験成功で実用化はいつ?原因不明の病気も解明?』ということで、調査してみましたがいかがだったでしょうか?

iPS細胞が発表されたからここ数年で、色々な実験結果が発表されてきていますね。

故に実用化が待ち遠しいという声が日に日に増している事も事実と思います。

健常者の方もそうですが、今現在に難病と闘っている人にとってはiPS細胞の実用化が生きる糧となっている方も少ないくないのではないでしょうか?

日々慎重な研究が進められている中ではあると思いますが、1日でも早い実用化が望まれますね。

 

今回は以上になります。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました!!