強い台風18号が大きく進路を変えて日本に上陸するという予報がありましたね。

台風18号は、勢力を強めながら13日昼過ぎから夜にかけて、先島諸島にかなり接近するおそれがあるようです。

その為先島諸島では、『猛烈な風』『猛烈なしけ』『暴風やうねりを伴った高波』に厳重な警戒が必要とされています。

台風18号は、12日午後10時には宮古島の南東の海上にあり、時速約30キロで西北西へ進んでいます。

中心気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大瞬間風速は55メートルとなっています。

台風18号の今後について調査していきたいと思います。

題して、

『台風18号2017の今後の勢力や動きは?関東地方への影響はどう?』

いってみましょう!!!

Sponsored Links

 

台風18号2017の今後の勢力や動きは?

『台風18号2017の今後の勢力や動きは?』ということで、台風18号について調査していきましょう。

台風18号の今後の勢力についてですが、まずは進路図をみてみましょう。

台風18号の勢力は現在徐々に強くなっているようです。

勢力のピークは、14日21時から15日かけて進路を変えるあたりで935ヘクトパスカル位まで勢力が強まると予想されています。

その後、勢力を保ったまま日本に向かってくるとされています。

台風18号の今後の動きについてですが、気象庁が予報進路図を示していますので見てみましょう。

9月12日22時現在の進路予想図です。

15日以降は、まだ進路円が大きいのでわかりませんが、日本に上陸してくることはほぼ間違いなさそうですね。

時期的には、ちょうど3連休辺りに直撃といった感じです。

なので、休み中のお出かけに関しましては、台風18号の影響を考慮して決めていった方が良いと思います。

 

台風18号2017の関東地方への影響はどう?

『台風18号2017の関東地方への影響はどう?』ということで、台風18号が関東地方にもたらす影響について調査してみましょう。

先程見て頂きましたが、もう一度進路予想図を見てみましょう。

この進路予想では、関東地方に影響を及ぼすのは17日の夜から18日にかけてといった感じになるのでしょう。

まだ17日の21時の予想円が大きいので、関東地方にはさほど影響なく日本海側に進路を向ける可能性は十分にあると思います。

前線の動き次第で大きく変わると予報が出されていますが、天気予報でのここ最近の前線の動きを見るとあまり大きな動きが無いように思うので、九州から四国・中部・関東と順番に進路を取っていくのではないでしょうか?

今後の動きには要注意ですね!

 

まとめ

今回は『台風18号2017の今後の勢力や動きは?関東地方への影響はどう?』という事で、調査してきましたがいかがだったでしょうか?

沖縄から本州にかけて台風特有の雨と風が心配されますので、十分注意をしてください。

また、高潮や局地的な大雨・雷・突風など予期せずに起こってしまう自然現象もありますので、危ないと思った時は外出を控えましょう。

いずれにしても、台風18号の動きには注視した方が良さそうです。

 

今回は以上になります。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました!!