こんにちは、栗です!

春の選抜甲子園が閉幕し、梅雨時期に入り各都道府県の各高校で、夏の県予選から甲子園に向けての練習が本格化してくる時期になりました!

甲子園2017夏が幕を開けようとしています。当然の事ですが、各メディア・各サイトで注目高校や注目選手が取り沙汰されている事と思います!

僕もサイトの一人です。(笑)

今回は、注目高校『履正社』について紹介していきたいと思います。

題しまして、

『甲子園2017夏の履正社の注目メンバー!ドラフト候補の安田選手は?』

という事で、いってみましょう!!!

Sponsored Links

 

甲子園2017夏の履正社の注目メンバー!

甲子園2017夏の注目高校『履正社』についてですが、春の選抜は惜しくも決勝戦で大阪桐蔭に敗れ、準優勝に留まったのは記憶に新しいと思います。

準優勝でも十分な成績と思いますが、甲子園決勝で全国優勝を逃すというのはどういう心境になるのでしょうか?

きっと悔やんでも悔やみきれない歯がゆさが残るのではないかと思います。

そういった経緯もあり、甲子園2017夏のおいては、履正社の各メンバーはかなり燃えているのではないかと思います!

甲子園2017夏の履正社の注目メンバーという事で、選抜大会も注目されていた3人の選手を紹介していきたいと思います。

 

・竹田 祐 選手

MAX145kmのストレートを投げ込む本格派右腕でありながら、スライダー・フォーク・カーブを器用に投げ分け、打者を交わすピッチングを備えています。

甲子園2017夏においても、活躍に注目していきましょう。

 

・若林 将平 選手

前年の甲子園にも出場経験があり、甲子園2017夏においても活躍が期待されます!

鋭いスイングを持ち味とする長距離砲です。常に全力スイングする姿は、見ていてかなり気持良いですよ!!

 

・安田 尚憲 選手

早稲田実業の清宮選手と肩を並べる西日本トップ級のスラッガーです。

恵まれた体格ながらバットコントロールは繊細でうまさがあるうえ、ボールを遠くへ飛ばす技術も備わっています。

 

注目選手を紹介しましたが、今年の履正社は総合力がありどの選手も見ごたえたっぷりです!

順当に予選大会を勝ち上がり、甲子園2017夏での活躍が期待されます!

 

ドラフト候補の安田選手は?

注目メンバーでもあげさせていただきましたが、安田尚憲選手はプロスカウト大注目のドラフト候補の目玉の選手です。

早稲田実業の清宮選手が、テレビ等ではかなり報道されていますが、潜在的な能力では同じドラフト候補の安田選手の方が上なのではないかと僕のは思ったりしています。

理由としましては、ホームランの数こそ清宮選手には及びませんが、コンパクトなスイングからのバットコントロールは柔らかさがあり、加えて長打力も超高校級という所にあります!

なので、清宮選手もプロ各球団が捕りに行くとは思いますが、安田選手にも相当数の球団が手を上げてくるのではないかと予想されます。

いずれにしても、甲子園2017夏の履正社では大注目のドラフト候補選手であり、活躍されることは間違いないと僕自身は思っています。

 

まとめ

今回は、『甲子園2017夏の履正社の注目メンバー!ドラフト候補の安田選手は?』という事で書かせていただきました。

と言いましても、これだけ注目される高校なので各高校がマークしないはずがないので、油断はできないのは事実です。

春の選抜では、同じ大阪の『大阪桐蔭』高校に敗れている事実もありますし、夏の高校野球は勢いのついた高校ほど強い相手はいないと思います!

そんな中ではありますが、順当に勝ち進んで

甲子園2017夏の履正社ここにあり!

という所を見せて頂きたいですね!

待ち遠しい限りですが、楽しみに待っていたいと思います!

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました!