インターネットの婚活サイトに元交際相手の男性を装い登録したとして、兵庫県警宝塚署は4月15日、【私電磁的記録不正作出容疑】で、自称上京税務署の特別国税調査官『福島律子(55)』容疑者(大阪府豊中市玉井町)を逮捕したという報道がありました。

福島律子容疑者は、『嫌がらせ目的だった』として、容疑を認めているという事です。

福島律子容疑者の逮捕容疑は、2017年9月5日夜に、自宅からスマートフォンで婚活サイトに接続し、男性の氏名や住所などの情報を入力して、不正に登録した疑いが持たれています。

男性が女性を装う所謂『ネットオカマ』は過去に問題になったのを覚えていますが、現在は女性が男性を装う事もあるようですね。

今回は、福島律子容疑者が元交際相手に対する嫌がらせだったようですが・・

ということで、福島律子容疑者について調査していきたいと思います。

『福島律子(特別国税調査官)の顔画像や容疑の詳細は?動機も調査!』

と題して、いってみましょう!!!

Sponsored Links

 

福島律子(特別国税調査官)の顔画像や容疑の詳細は?

『福島律子(特別国税調査官)の顔画像や容疑の詳細は?』ということで、調べてみたいと思います。

福島律子容疑者の顔画像についてですが、『福島律子』と検索しますと、偉そうな方が何人かヒットしました。

ですが、福島律子容疑者の場合、特別国税調査官ということで、民衆の前に顔を出して仕事をされる方ではないと思いますので、別人でしょう。

今回容疑がかけられた福島律子容疑者については、特定という所まではたどり着く事ができませんでした。

この後も調査していきますが、しばらくすると顔画像などは公開されてくると思います。

福島律子容疑者にかけられた【私電磁的記録不正作出容疑】というのは、皆さんご存知でしょうか?

僕は、今回この記事を書かせていただく時に初めて目にしました。(笑)

要は、私的電波を不正に使ったという事だと思いますが、一応調べてみました。

      9 電磁的記録不正作出・供用罪(161条の2)(昭62追加)

       (1) 私電磁的記録不正作出罪(1項)

(電磁的記録不正作出及び供用)

161条の2第1項 人の事務処理を誤らせる目的で,

その事務処理の用に供する権利,義務又は事実証明に関する電磁的記録を不正に作った者

→ 5年以下の懲役又は50万円以下の罰金

私電磁的記録不正作出罪」は,人の事務処理を誤らせる目的で,その事務処理の用に供する権利・義務・事実証明に関する電磁的記録を不正に作るという罪です。

ということです。

思っていたよりずっと重い罪だなと感じたのは僕だけでしょうか?

考えようによっては、対象にされた方の人生を左右しかねない可能性はあると思いますので、これでは罪が軽いと思う方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

福島律子(特別国税調査官)の動機も調査!

『福島律子(特別国税調査官)の動機も調査!』ということで、調査してみました。

嫌がらせ目的だったと容疑を認めているとの事なので、過去に元交際相手と何らかのトラブルがあったのだろうという考えが自然ではないでしょうか?

あくまで僕の推測ですが、例えば浮気や結婚間近での破局なんかは、女性にとってかなりダメージが大きい事かと思います。

男性側にも事情があっての事としても、許せる方は少ないのではないでしょうか?

本気になった女性ほど恐いものはないと思いますし・・・

今回はちょっとやり過ぎて自分に却ってきてしまったというところでしょうか。

 

まとめ

今回は『福島律子(特別国税調査官)の顔画像や容疑の詳細は?動機も調査!』ということで、調査してきました。

男女関係は、もつれるととんでもない事が引き起こってしまうのはテレビなどを見ていても分かりますね。

多くは男性が問題を起こすことですが、女性が問題を起こした時の内容は、かなり綿密に策された犯行というケースが多い気がします。

男性は、『カッとなってしまった』なんていうケースが多いですよね。

いずれにしても、世の中の人は男性か女性かしか無いので、仲良くやっていきたいものです。

 

今回は以上になります。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました!!