10月17日に茨城県水戸市のホテルで、49歳の女性が遺体で見つかったという報道がありました。

また、当時119番通報した男性が『前夜に口論になり殴った』と話していたことが新たに分かったとのことです。

通報をした同じ部屋にいたとみられる男性の行方がわからなくなっているそうです。

男性が119番通報の際、『一緒に宿泊した女性と前夜に口論になり殴った。朝起きたら女性が死んでいた』と話していたが、その後行方を眩ませたとの事です。

49歳の女性の司法解剖の結果、肋骨が複数本折れていて、顔面には殴られた痕があったが死因は特定できなかったそうです。

警察は男性の行方を捜すとともに傷害致死の疑いを視野に調べているとのことです。

ということで、行方を眩ませた男性について調査していきたいと思います。

題して、

『茨城県水戸市ホテル女性殺害の男性の行方を特定!?逃亡した場所は?』

いってみましょう!!!

Sponsored Links

 

茨城県水戸市ホテル女性殺害の男性の行方を特定!?

『茨城県水戸市ホテル女性殺害の男性の行方を特定!?』ということで、男性の情報を調査していきましょう。

行方を眩ませた男性について、調査を進めていった結果、どこにったのか全くわかりませんでした。

こういったケースで、犯人の行方についてですが、まず時間があまり経っていないという事もあり、他の所も特定まではできていません。

大概の犯人は、犯行の県内にはいる確率はほぼないと思います。

理由としましては、自身が通報した為、出来るだけという心理が働くと考えられますので県内にはいないのではないでしょうか?

 

 

茨城県水戸市ホテル女性殺害の男性の逃亡した場所は?

『茨城県水戸市ホテル女性殺害の男性の逃亡した場所は?』ということで、犯人がどのようなルートで逃亡していったのか推測をしていきましょう。

女性殺害の男性の逃亡場所ですが、行方も含めてわかっておりません。

人の習性として、逃げる時に人は隅の方に行きたがるそうなので、茨城県から一番近い角の場所と探してみますと千葉県がすぐ下にありますし、隅っこですね。

もちろん断定はできませんが、可能性の一つとして考えても良いのではないかと思っています。

 

まとめ

今回は『茨城県水戸市ホテル女性殺害の男性の行方を特定!?逃亡した場所は?』ということで、調査してきました。

結果的には、今のところ男性に関してははっきりした事が何一つ無い事が分かりました。

詳しい情報が入りましたら、随時更新はしていきたいと思います。

人の習性という形でもう一つ上げると、人は逃げる時に下に行きたくなったりするそうです。

建物があるところで考えますと、『地下』という感じの予想になるのではないでしょうか?

いずれにしても、早く犯人への進展を掴んでほしいですね。

 

今回は以上になります。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました!!