9月9日の正午前に、宮崎県宮崎市の食堂で、店長と見られる65歳の男性が頭から血を流して死亡しているのが見つかったという事件報道がありました。

事件を受けて宮崎県警は、現場の状況から強盗殺人事件として捜査を進めているようです。

事件は9月9日午前11:50頃に、宮崎市江平東にある『江平四ツ目食堂』の厨房で訪れた客から『店主が倒れている』と警察に通報があったそうです。

発見時はすでに死亡されており、頭にアイスピックが刺さった状態だったという事です。

レジが開いた状態だったため、強盗殺人事件として捜査しているとの事です。

今回は、この事件の犯人と現場・被害者について調査してみたいと思います。

題して、

『江平四ツ目食堂の強盗殺人の犯人が判明!?事件現場や被害者を調査!』

いってみましょう!!!

Sponsored Links

 

江平四ツ目食堂の強盗殺人の犯人が判明!?

『江平四ツ目食堂の強盗殺人の犯人が判明!?』ということで、江平四ツ目食堂で起きた事件の犯人について調査してみましょう。

江平四ツ目食堂の強盗殺人の犯人ですが、詳しい情報は現在のところはなく逃亡中との事です。

調査していく中で、犯人は外国人ではないかという情報がありましたが、確証は無い状況です。

※2017年9月13日、追記です。

宮崎県警は、現場の状態から強い殺意を伺わせるとして、顔見知りによる犯行も視野に捜査しているとの事です。

また、捜査を350人体制に拡大して進めているという情報も入りました。

 

近隣の方や関係者のTwitterを紹介します。

 

やはり事件を知った方は、当然ですが犯人が逃亡中という事を危惧してらっしゃいますね。

Twitterの方の中にもいらっしゃいますが、近くに親族や知り合いがいる方はかなり心配と思います。

いずれにしても、全ての人が共通して思っている事は、犯人がお縄になる事で早く安心したいという事と思います。

 

江平四ツ目食堂の強盗殺人の事件現場や被害者を調査!

『江平四ツ目食堂の強盗殺人の事件現場や被害者を調査!』ということで、残念ながら事件に遭遇し命を落としてしまわれた被害者と現場について調査してみましょう。

江平四ツ目食堂の強盗殺人の事件現場についてですが、画像を調査してみました。

   

 

事件現場の地図も貼っておきます。

調査したところ、江平四ツ目食堂はテレビでも紹介されていたようで、地元の方以外も知られるお店であるようです。

これは僕の主観ですが、テレビでも紹介されるお店だったので犯人もそれを知っていたのかもしれないですね。

だから、儲かっていると踏んで強盗に入ったという事になったのではないでしょうか?

江平四ツ目食堂の強盗殺人の被害者についてですが、詳しい情報はまだ公開されていないようです。

分かっているのは、『お店の店主と見られる65歳の男性』ということだけになります。

※2017年9月13日、追記です。

宮崎県警は、DNA型鑑定などから遺体は店主の『大西達夫(65)』さんと確認された事を明らかにしました。

 

まとめ

今回は『江平四ツ目食堂の強盗殺人の犯人が判明!?事件現場や被害者を調査!』ということで、調査・紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

地元での知名度もあり評判も良かったという事でしたので、今回の事件は残念でなりません。

逃亡している犯人については、一刻も早く確保し法の裁きを受けて頂きたいと心から思います。

また、今回の事件で亡くなられた江平四ツ目食堂の店主の方のご冥福をお祈り致します。

今後、情報が分かり次第詳しい内容を追記していきたいと思います。

 

今回は以上になります。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました!!