千葉市のショッピングセンターで、3歳の男の子を連れ去り、首を絞めて殺害しようとしたとして、千葉市に住む無職の『野村武久(46)』容疑者が逮捕されたという報道がありました。

野村武久容疑者は10月16日、千葉市内のショッピングセンターで、3歳の男の子に対し、首を絞めるなどして殺害しようとしたという疑いが持たれています。

被害者の男の子は、母親と一緒に買い物に来ていたようですが、母親が目を離したすきにいなくなり、およそ30分後に、店内で倒れているのが発見されたということです。

野村武久容疑者は、精神的なトラブルを抱えていたということで、千葉県警察は、犯行の経緯を慎重に調べているとのことです。

ということで、野村武久容疑者について調査していきたいと思います。

題して、

『野村武久の顔画像や犯行動機がヤバい!?被害者の子供の容体も調査!』

いってみましょう!!!

Sponsored Links

 

野村武久の顔画像や犯行動機がヤバい!?

『野村武久の顔画像や犯行動機がヤバい!?』ということで、野村武久容疑者を調査していきましょう。

野村武久容疑者の顔画像についてですが、現段階では顔画像などの情報は公表されていないようです。

野村武久容疑者はSNS関係も登録がないようですので、情報が入り次第追記していきたいと思います。

野村武久容疑者の犯行動機に関してですが、野村武久容疑者には精神疾患を患っているようですね。

過去に精神的な病になるほどの何らかのトラブルが起きたか、元々そういった病気の持ち主かどうかは判明していません。

運悪く、発作のようなものが起きた時に、たまたま3歳の男の子が目に入ったのではないでしょうか?

精神的な疾患を持っている方は、文字通り心が不安定なので、通常状態とバーサク(混乱)状態のスイッチが不定期に起こるそうです。

3歳の男の子の命が助かった理由は分かりませんが、もしかしたら首を絞めている途中に我に返ったのかもしれませんね。

 

被害者の子供の容体も調査!

『被害者の子供の容体も調査!』ということで、被害者の3歳の男の子の容体はどうなのでしょうか?

僕も同じくらいの子供がいるので、親からしてみたらいなくなった事に気が付いた時も焦りますが、発見した時に倒れていたら気が気ではないと思います。

間違いなく僕もそうなるでしょう。

子供の容体の情報は公表されていませんが、首を絞められていた時間があまり長いと脳に障害が出てしまったりすると思います。

命が助かったのもそうですが、首を絞められた後遺症なども無い事を心から願ってやみません。

子供がいなくなったのが、母親の目が離れた時とありましたが、こればっかりはやめろと言われても無理があると思います。

3歳という年頃は、興味が湧けばその方向に吸い込まれるように行動してしまいますので、母親としてはこの辺の対策も考えなくてはならないと思います。

厳しい言い方となりますが、母親が男の子を行かせてしまった責任もあると思いますので・・・

 

まとめ

今回は『野村武久の顔画像や犯行動機がヤバい!?被害者の子供の容体も調査!』ということで、調査してきましたがいかがだったでしょうか?

精神疾患の方なので、殺人未遂とはいえ量刑は軽くなってしまうでしょう。

この辺は法律なので仕方ないとは思いますが、納得はできませんね。

僕もこういったショッピングセンターに家族を連れていきますが、子供への配慮として10秒くらいに一回は子供の姿を確認する様にしています。

僕なりの検証ですが、10秒に一回のペースで見ていれば子供を見失う事もありませんし、子供の行動パターンも把握できてくることが分かりました。

疲れますけどね・・・(苦笑)

子供を守る為には、親の絶え間ない努力が必要なのではないかと思いますので、年頃のお子さんをお持ちの父親・母親の方は頑張って欲しいと思います。

 

今回は以上になります。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました!!