うっかり実名を書いてしまったことから不正が発覚し、詐欺容疑で男が逮捕されたという報道がありました。

逮捕されたのは、派遣社員の『坂田智司(53)』容疑者です。

坂田智司容疑者は、東京・江戸川区の福祉事務所で、実在しない【酒田明】という無職の人物になりすまし、生活保護費を約150万円だまし取った疑いが持たれているということです。

警視庁によりますと、坂田智司容疑者は他の給付金を申し込む際に実名を書いた書類を提出し、顔を知っていた職員が嘘に気が付いて不正が発覚したということです。

坂田智司容疑者は容疑を認めていて、『6年間で1,200万円ほど不正に受け取った』と話しているそうです。

何とも間抜けな坂田智司容疑者ですが、調査していきたいと思います。

題して、

『坂田智司の勤務先や顔画像を特定!?偽名で不正受給が出来た理由は?』

いってみましょう!!!

Sponsored Links

 

坂田智司の勤務先や顔画像を特定!?

『坂田智司の勤務先や顔画像を特定!?』ということで、坂田智司容疑者の勤務先と顔画像を調査していきましょう。

坂田智司容疑者の勤務先についてですが、坂田智司容疑者は派遣社員という事で出来る限り調査を進めました結果、今現在公表されている情報以外に坂田智司容疑者と思われる情報が見つかりましたので紹介していきます。

坂田智司容疑者の勤務先は、『日本コムシス』という会社のようです。

出身は大分県で、現在は家族と共に東京都江戸川区に住んでいるという事です。

坂田智司容疑者の職歴は、ウィザス第一高等学院→NTT-ME→日本コムシスという経歴という情報もあります。

現在は派遣社員という事ですが、以前より派遣社員だったかどうかは分かりませんでした。

職歴から見ますと、以前は正社員として働いていたのではないかという感じはしますけどね。

 

坂田智司容疑者の顔画像についてですが、既に公表されている顔画像ですが、こちらになります。

という感じです。

2枚目の画像は、履歴書の為の画像の様に思いますので、やはり以前は正社員として働いており、何らかの理由で退職し、現在は派遣社員となっているのではないでしょうか?

坂田智司容疑者は、自身のPRで『基本「直感で動く」タイプです。完成すると全てを壊してリセットしたくなる性格で、安定とか安心とかをあまり望みませんが、今は家族が一番のよりどころですかね。』というような紹介をしているので、直感で動いて行った結果今回の失敗という事になるのでしょうか?(笑)

今回の事件は、完成する前に壊されてしまったようですが・・・

 

坂田智司が偽名で不正受給が出来た理由は?

『坂田智司が偽名で不正受給が出来た理由は?』ということで、不正受給が出来た理由を調査していきましょう。

坂田智司容疑者が偽名で生活保護を不正受給が出来たのはなぜなのでしょうか?

調査の結果、坂田智司容疑者には借金があり、派遣社員としての収入だけでは生活が厳しいという現実があるのは間違いないようです。

しかし今回は、偽名の『酒田明』という名で受給しているのが問題となってくると思います。

坂田智司容疑者は、偽名での受給申請時に身元証明が出来ない事を言っていたようです、

これを役所が黙認し、身元が分からない人に対して生活保護をしていたことになりますよね?

簡単に言ってしまえば、申請時の役所の対応が、【身元は確認できないけど生活には困っていそうだから渡そう】という判断をしたことになりますね。

証拠はなく、支給側の人情で容認した事となります。

一見、良い対応の様に思いますが、これは大問題になりかねないミスと捉えられるのではないでしょうか?

しかも、8年間も支給していたわけですから、不正受給した坂田智司容疑者が原因ではありますが、役所側の管理体制も問題だったでしょう。

今回の坂田智司容疑者の一件で、管理体制は間違いなく強化されるでしょうが、しっかりと受給されるべき人に渡っているのかが心配になります。

不正受給があるという事は、その逆にもらうべき人がもらえていない現実があるのは間違いないでしょうから、役所の見直しもしっかりしていただきたいと思います。

 

まとめ

今回は『坂田智司の勤務先や顔画像を特定!?偽名で不正受給が出来た理由は?』ということで、調査・紹介をしてきましたがいかがだったでしょうか?

今回の一件で、浮き彫りになった事実を坂田智司容疑者も役所も重く受け止めて頂き、しっかりと対応をしていっていただきたいと思います。

坂田智司容疑者については、自分のやってしまった事の大きさを把握して償って欲しいですね。

 

今回は以上になります。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました!!