10月22日に投開票が行われた第48回衆議院選挙で、夜から10月23日未明にかけて生放送されたテレビ朝日系の開票速報特別番組『選挙ステーション2017』で、司会を務めたジャーナリストの【田原総一朗氏(83)】が視聴者から寄せられた意見に激怒する場面があったという報道がありました。

政治部記者も務めている村上祐子アナウンサー(38)が番組内で、視聴者からの意見として『今が完璧ではないが野党が酷すぎる。安倍総理はやりたい事をしっかり形にして欲しい』という意見を紹介したところ、途中で遮るように『ちょっと待って!野党が酷すぎるってどういうことなんだよ』と田原総一朗氏が怒鳴ったそうです。

田原総一朗氏は『どういうことなんだよ』と繰り返し、村上アナが『野党に関してはこういったご意見もご紹介していいですか?』と返し、さらに続けようとしたところ、これも遮り、『野党が酷すぎるってどういうことなんだよ』と激怒したということです。

村上アナが戸惑いの表情を浮かべながら、『今回は野党の票が割れてしまって自民党に利することになったということじゃないですかね』と続けると、田原総一朗氏はなおも何かつぶやいていたようですが、村上アナは番組を進行させたそうです。

ということで、田原総一朗氏の今回の一件について調査してみましょう。

題して、

『田原総一朗の激怒した理由がヤバい!?SNSの口コミも紹介!』

いってみましょう!!!

Sponsored Links

 

田原総一朗の激怒した理由がヤバい!?

『田原総一朗の激怒した理由がヤバい!?』ということで、視聴者の意見に対してなぜあそこまで激怒する必要があったのでしょうか?

田原総一朗氏が、今回の選挙に対してどのような見解をしていたのかは僕には分かりませんが、あからさまに番組冒頭からイライラ感があったように思えます。

単純に考えれば、自分が思っていた結果と全然違う結果になった事に対してのイライラとなりますよね!?

もし、田原総一朗氏が野党側の政党を応援をしていたのなら、野党が今回の選挙で何の政策を訴えていたのか僕には全く伝わっていなかったので、結果については当然かと思われます。

自民党自体からも特に目立った訴えも無かったので、僕自身は今回の解散総選挙の意味を理解するのに苦労しています。

僕の勉強不足のせいだと思いますが・・・

いずれにしても、田原総一朗氏のイライラは番組の進行を妨げただけという結論になりそうですね。

 

田原総一朗の激怒したことについてのSNSの口コミも紹介!

『田原総一朗の激怒したことについてのSNSの口コミも紹介!』ということで、ネット上での評価やコメントを紹介していきたいと思います。

などなど。

まだまだたくさんの意見がありましたが、紹介はこの位にしておきます。

今僕が紹介したのもそうですが、ネット上では『もう引退したら?』『選挙結果が気に入らず、最初からイライラ全開』など、田原総一朗氏を良く思っていないという意見が殺到していたようです。

 

まとめ

今回は『田原総一朗の激怒した理由がヤバい!?SNSの口コミも紹介!』ということで、調査・紹介をしてきましたがいかがだったでしょうか?

結局のところ、田原総一朗氏にとって番組内での出来事で良い事は何もなく、ご自身の評価と野党の評価を下げただけという事ですね。

見た感じでは、完全に村上祐子アナウンサーに八つ当たりをしている感が半端なかったので・・・(笑)

年齢も年齢なので、あまり感情をむき出しにしない方が良いかと思いますよ!?

特に今のご時世なので・・・

 

今回は以上になります。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました!!