こんにちは、栗です!

前回は、アニメーション映画『メアリと魔女の花』について紹介しました!

メアリと魔女の花を脚本されたのは米林宏昌監督なのですが、米林監督と言えば、元スタジオジブリのスタッフの方だったのは皆さんもご存知ですよね!?

スタジオジブリの解散後に、西村義明プロデューサーと『スタジオポノック』を設立され、7月に全国ロードショーとなるメアリと魔女の花を制作されました。

そんな米林宏昌さんの出身地や経歴・年収、さらには評価・評判は気になるところです。

なので、今回は『米林宏昌の出身地や経歴・年収は?評価・評判はどう?』と題して、米林宏昌さんに迫ってみたいと思います!!

Sponsored Links

 

米林宏昌さんの出身地や経歴・年収は?

米林宏昌さんの『出身地や経歴・年収は?』という事で調べていきたいと思います。

米林宏昌さんの出身地は『石川県 野々市市』という所で、石川県の中部に位置している市であり、自治体としての人口密度は日本海側で最高だそうです。

米林宏昌さんの経歴について金沢美術工芸大学の商業デザイン学部を中退されたのですが、学生の時にアニメーターをアルバイトでやられていたそうです。

その時にスタジオジブリ作品の『耳をすませば』を観て、アニメーションに興味を抱かれ1996年にスタジオジブリに入社されました。

数々の名作品のスタッフと2作品の監督を経験され、2014年にスタジオジブリ解散後、現在の『スタジオポノック』設立となっています。

米林宏昌さんの年収についてですが、実際のところどのくらいもらっておられるのでしょうか?

自分としましては、スタジオジブリに勤められている時をサラリーマンと同じくらいと考えると、現在は独立されているので経営層クラスの稼ぎはあるのではないかと思っております。

ですが、アニメーションの職業はかなり時間に追われているイメージがあるのでもらっているお金と労働時間が反比例してしまっているのではないかな?とも思います。

これは、自分の勝手なイメージとなってしまいますが、アニメーションは本当に好きでなければ務まらない気がします!(笑)

 

米林宏昌さんの評価や評判はどう?

米林宏昌さんの『評価や評判はどう?』という事で、スタジオポノックの米林宏昌さんはどのような評価や評判なのでしょうか?

写真を拝見する限りでは、とても優しそうな方に見えますね。

スタジオジブリ時代の米林宏昌さんを少し調べてみたのですが、米林宏昌さんの役目は『怒られ役』『いじられ役』だったようですね!(笑)

何かにつけて宮崎駿監督に怒られてたようで、スタッフにもあだ名で『麻呂』と呼ばれていたようです。

評価に関しては、既に監督としての結果を出されている方なので、これから先もヒット作を出されていくのではないかと思っています。

 

まとめ

今回は『米林宏昌の出身地や経歴・年収は?評価・評判はどう?という事で、米林宏昌さんに迫ってみましたが、いかがだったでしょうか?

色々と上げてきましたが、スタジオジブリ時代からアニメーターとしての力は評価されていたそうで、今後製作される作品がたのしみですね!!

『スタジオポノック=スタジオジブリ』というわけではないですが、米林宏昌さん御自身がコメントや作品の中でしっかりとスタジオジブリ作品を意識されておられるので後継者と言ってもおかしくないと思います。

今回は以上になります。

最後まで読んで頂きありがとうございました!!