こんにちは、栗です!

今回は、2017年お盆休みの帰省ラッシュ・Uターンラッシュの東名高速渋滞について調査していきたいと思います。

お盆休みには帰省・Uターンラッシュが毎年のデフォルトのようになっていますし、楽しみなお盆2017でも心配な要素の一つですよね!?

そんな不安要素の一つでもある東名高速の渋滞を早めに予想して回避できればお盆休みがさらに楽しみになると思います!

なので、東名高速の渋滞予想をしてみなさんが少しでも有意義な休みを取っていただければ最高だと思いましたので、僕なりに調査してみたいと思います!!

題して、

『お盆2017の東名高速の渋滞予想は?帰省・Uターンのピークは?』

いってみましょう!!!

Sponsored Links

 

お盆2017の東名高速の渋滞予想は?

『お盆2017の東名高速の渋滞予想は?』ということで、2017年お盆休みの東名高速渋滞がどの程度になりそうなのかデータをもとに予想していきましょう。

まずは、お盆2017の東名高速の上り下りの渋滞予想グラフを見てみましょう!

グラフは日毎の渋滞回数予想を表していますが、見て頂ければ一目瞭然ですね!!

帰省ラッシュ時もUターンラッシュ時も渋滞回数が200回を超えていますので、まず間違いなく何十キロという渋滞が起こると思います!

過去2年間の渋滞距離を調べてみましたが、帰省ラッシュ時もUターンラッシュ時も15km~20kmの渋滞距離があり、長い時は30kmを超えています。

なので、渋滞時期や渋滞時間をしっかりと確認された上でお出かけされるのが良いと思います。

 

 

お盆2017の東名高速の帰省・Uターンのピークは?

『お盆2017の東名高速の帰省・Uターンのピークは?』という事で、先程のデータを基に帰省・Uターンラッシュのピークを予想していきましょう!

まずは帰省ラッシュに関してですが、先ほどのデータの下り側を見て頂ければ分かりやすいですね。

東名高速のお盆2017帰省ラッシュのピークは、11日~13日で特に11日に大きな渋滞が予想されるとなっています。

2017年のカレンダーを確認していただければ、山の日の11日(金)がお盆休みの初日である会社さんが多いと思われますので、11日がピークと予想するのは妥当と思いました!

 

続いてUターンラッシュに関してですが、こちらも先ほどのデータの上り側を見て頂ければ分かりやすいと思います。

東名高速のお盆2017Uターンラッシュのピークは、13日~15日で特に多いとされていますのが14日となっています。

少し面白いと思いましたのが、13日に関しては帰省ラッシュ時もUターンラッシュ時も渋滞予想がされていますので上下同時渋滞が予想されているという事になりますね!

なので、僕なりの渋滞回避方法としまして、帰省ラッシュは有給取得が出来るのであれば10日に帰省されるのがベストと思います。

10日の有給が微妙な方は、11日の深夜2:00~3:00頃に東名高速を通過されるのが良いかと思います!

運転手の方は、少し大変だと思いますが・・・

Uターンラッシュは、次の日が仕事になるので嫌かもしれませんが16日のUターンが良いかと思います。

他の日はすべてかなりの渋滞予想とされていますので危険かと思います。

あとは、有給取得が可能であれば17日にスイスイと帰って来るのも手段の一つかと思います。

あくまで渋滞回避を念頭に置いた時の提案なので、1日ゆっくりする時間が欲しい方や他に予定のある方は渋滞に突っ込んでいかざるを得ないかもしれません。

 

 

まとめ

今回は『お盆2017の東名高速の渋滞予想は?帰省・Uターンのピークは?』という事で調査してきましたが、いかがだったでしょうか?

東名高速は『長期休暇=渋滞』となる道路になっていますので、お盆休みでの完全に渋滞を避けたお出かけはほぼ不可能となるのではないでしょうか!?

東名高速の渋滞を回避する術は、日もしくは時間を完全にずらすことが重要となってくると思います!

ぜひ参考にしていただき、少しでも渋滞を避けられるようにしてみてください!

 

今回は以上になります。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました!!!