こんにちは、栗です。

友人の誘いや彼氏・彼女の付き合い等で野球観戦に行かれるケースがあるかもしれませんよね!?

特に野球に興味があまり無い人や知らない人の場合は『野球観戦に行くことになったけど、ルール分かんないし楽しめるかな・・・』と、思っている人がほとんどではないかと思います。

そんな心配はいりません。どんなスポーツでも共通することかもしれませんがルールが分からなくても少しの知識と用語が理解できていれば楽しめます。

観戦には学童野球・高校野球・大学野球・プロ野球と種類がありますが、今回はプロ野球観戦の時に役立つ『基礎知識』と『観戦ポイント』を解説していきたいと思います。

 

プロ野球観戦に必要な事って?

1.ルールに詳しい人・野球が好きな人と観戦に行きましょう。

当然の事かもしれませんが、楽しむには身近に解説する人が必要になります。

2.応援するチームを決めよう!

これも大事です。応援するチームを決めて見るのと決めないで見る盛り上がりの差はおおきいです。

3.観戦する座席を決めよう!

座席によって楽しみ方が180度変わってきます。

また、服装や持ち物もこだわると楽しめます。

4.イベントやグッズで楽しもう!

プロ野球観戦には、様々なイベントやチーム特有のグッズ販売がありますのでそちらの方もきにしてみましょう。

 

必要な事はこの程度です。

これだけ?・・・そうです。これだけです!

要は、楽しみ方を事前に決めて球場に足を運べばルールなんて大して知らなくても十分楽しめてしまうんです。

気になった事は一緒にいる人に聞いてもらえれば解決できますし、試合が始まってしまえば球場の雰囲気である程度行けちゃいます。

 

応援するチームを決めよう!

観戦を楽しむために重要なことですので詳しく説明していきます。

プロ野球には12球団存在しています。

セントラルリーグ6球団・パシフィックリーグ6球団です。

詳しいチーム名の紹介!

セントラル・リーグ

広島東洋カープ・読売ジャイアンツ・横浜DeNAベイスターズ・東京ヤクルトスワローズ・阪神タイガース・中日ドラゴンズ

 

パシフィック・リーグ

北海道日本ハムファイターズ・福岡ソフトバンクホークス・千葉ロッテマリーンズ・埼玉西武ライオンズ・東北楽天ゴールデンイーグルス・オリックスバッファローズ

応援するチームの見つけ方

『応援するチームを決めろと言われても特に思い入れないし・・・』

という、あなたの為に!

大丈夫です。思い入れなんて必要ありません!

選ぶポイントは、

①球場が近い。

②イケメン選手(好みの選手)がいる。

③ユニフォームがカッコいい。

④チーム名が有名(強そう)。

⑤マスコットキャラクターが良い。

と言ったところで選んでみましょう!

それでも決めきれなければ、とりあえず地元のチームを応援しましょう。

最初は大抵の人が①②で決めますので問題ないです。

やる気のある人は、プロ野球選手名鑑等で調べて決めちゃいましょう!

Sponsored Links

観戦する座席を決めよう!

応援するチームを決めた事により観戦する意欲が湧いてきましたか?

次に観戦するのに意外と重要な『座席』を決めてみましょう!

座席によって楽しみ方が様々ありますので紹介していきます。

 

・声を出したい・周りの人と交流したい・ワイワイしたい

・ホームランボールが欲しい

というあなたには外野席をお薦めします。

外野席には、両球団の応援団がいますのでがっつり楽しめると思います。

ちなみに応援団は、ホーム球団(地元)はライト側・ビジター球団はレフト側に陣取りをしていますので覚えておきましょう!

 

・野球をじっくり見たい

・ゆったり座りたい

・選手を近くで見たい

というあなたには内野席をお薦めします。

シートが外野席よりゆったりしているケースが多いです。じっくり見られると思います。

騒ぐのが好きな方は、だいたい外野席を選択されますので比較的静かで観戦に集中できるでしょう。

熱烈なファンでうるさい人も少数いますが、悪気は無いので大目に見てあげましょう!

 

・可愛い売り子さんを見たい・売り子さんから飲み物や食べ物を買いたい

・選手を間近で見たい

というあなたにはバックネット裏席をお薦めします。

観戦にはベストポジション!

なので、多少チケットは値段が高いです。売り子さんも可愛い子が配置される事が多いようです。テレビでよく映る席の事ですね。

 

持ち物

・飲み物・食べ物

→球場で買うのは比較的何でも買えますが、結構値段が高いのが実情です。飲食類でコストを抑えたい方は買っていくのが良いでしょう。

・双眼鏡

→あれば便利です。気になる選手の顔を覗いてみましょう!

・季節物

→特に夏。タオル・着替えは必須。見ているだけでも熱気でやられます。逆に春秋は意外と寒くなる時があるので羽織るものを持っていきましょう!

 

イベントやグッズで楽しもう!

野球観戦以外も楽しんで一石二鳥になりましょう!

観戦でのイベントはかなり高い確率で7回に起こります。

・マフラータオルを用いたタオル振りの応援(歌手のライブでもよくありますね。)

・特定の球場になりますが、豪快に花火が上がる

・ジェット風船を用いて球場全体で風船飛ばし

特に最近どの球場でも恒例イベントとなっているのがジェット風船です。

このイベントに出遅れると結構寂しい気持ちになるので試合前には必ず買っておきましょう!

あとは誰が始まりが未だに僕でも不明ですが、不定期に『人間ウェーブ』が発生しますので何となく乗るのもいいと思います。

 

お薦めグッズ

1.ジェット風船

上記にも載せましたが、どの球場でもマストアイテムとなります。

2.メガホン

バックネット・内野・外野どの席にいてもこれさえあれば応援できます。

3.マフラータオル

お土産用と試合中に使用する用で2枚購入がお薦めです。

 

まとめ

野球観戦に必要な項目を解説してきましたが、ルールや用語などはほとんど必要無い事がお分かりになったと思います。

解説を踏まえて球場に足を運んでいただければ、十分楽しめますし球場の雰囲気や流れが掴めてしまえばそれだけでも大満足できると思います。

観戦にも慣れてきたら、春季キャンプ・秋季キャンプやオープン戦を見に行くのも楽しいと思います。イベント的なものはありませんが、こういった時は各チーム若手を中心に試合や練習を行うので新しい選手の発見や見どころの発見ができるかもしれません。

シーズン後半には、クライマックスシリーズや日本シリーズもあります。短期決戦ですのでチケットを取るのは相当苦労しますがそれ相応の見ごたえがあります。

ぜひ、球場に足を運んで体で体験して下さいね!