こんにちは、栗です!

阿部総理の解散宣言によって切って落とされた『衆議院解散総選挙』ですが、今回の選挙はどのような展開になっていくのでしょうか?

解散総選挙2017は、10月10日公示、10月22日投開票となっています。

現段階では、自民・公明と民進党議員を吸収し大きくなりつつある新生党の『希望の党』の争いとなっていますが、実際のところ今回の選挙で政権交代はありえるのでしょうか?

また、政権交代によって起こるジンクスとは何か?

という所を調査してみたいと思います。

題して、

『解散総選挙2017の政権の行方は?政権交代で起きるジンクスを暴露!』

いってみましょう!!!

Sponsored Links

 

解散総選挙2017の政権の行方は?

『解散総選挙2017の政権の行方は?』ということで、今回の衆議院解散総選挙での政権の行方はどうなのか調査・予想してみたいと思います。

解散前の予想では、いつも通り『自民党VS民進党』みたいな形が予想され、自民の圧勝で終わるであろうというのが大方の予想でしたよね!?

ところが、東京都知事の小池都知事が新生党の『希望の党』を旗揚げし、野党の動きが一気に変わりました。

ブームによって政権を取ってしまうのでは?という声も聞こえてきますが、冷静に考えてみたらどうなのでしょうか?

普通に考えたら今回の総選挙での政権交代は、あり得ないと思います。

野党間で民進党の分裂や希望の党の旗揚げでブームみたいな感じになっていますが、あくまで野党間であり、与党自民党の議員さんが動いているわけではないということがあります。

野党の第一党が希望の党になる可能性は、大いにあるかと思いますが、いくらブームだからと言って日本国民が一気に流れ込む事は通常考えにくいと思います。

 

解散総選挙2017の政権交代で起きるジンクスを暴露!

『解散総選挙2017の政権交代で起きるジンクスを暴露!』ということで、上記では政権交代は無いであろうという予想をしましたが、もし政権交代が起こった場合にどんなジンクスがあるのでしょうか?

このジンクスは、公言して良いものかどうか迷いましたが、事実起こっている事のようなので紹介したいと思います。

政権交代がもたらすジンクスとは、『大地震』だそうです。

近年の政権交代で実際に起こっている事ですが、

記憶に新しい自民党から民主党への政権交代後に起こったのが『東日本大震災』です。

そして『阪神大震災』の時は、社会党政権でしたね。

簡単に申し上げますと、自民党が政権を失うと自然現象である『大地震』を引き起こしてしまうというわけです。

単なる偶然かと思いますが、もし仮に今回の総選挙で政権交代が起こったならば、このジンクスを知っている人はかなり不安になると思います。

なので、大方の予想通り、今回の解散総選挙では政権交代は考えにくいかとは思いますが、このジンクスだけを考慮すると是が非でも自民党に頑張ってもらいたいところです。

 

まとめ

今回は『解散総選挙2017の政権の行方は?政権交代で起きるジンクスを暴露!』ということで、調査・紹介をしてきましたがいかがだったでしょうか?

このジンクス、絶対に崩れて欲しいですし、あってはならないと誰もが考えると思います。

確かに、政治には新しい風が時より必要かとは思いますが、地震に巻き込まれてしまっては新しい風もどうもこうも無いと思います!

他の政党にも奮闘は期待しますが、今回は自民が順当に議席を獲得し安心したいところですね。

自民党が政権を保持しておけば大地震が起こらないなんて保証もないですが・・・(笑)

 

今回は以上になります。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました!!