こんにちは、栗です!

今回は、栃木県足利市の渡良瀬川田中橋下流河川敷で開催される予定の『足利花火大会2017』について、調査していきたいと思います。

足利花火大会2017の開催日時は、8月5日(土) 19:00~20:45の予定です。

荒天時の対応としましては、小雨の場合は決行で大雨以上の時は8月6日(日)に延期となります。

決行・順延につきましては、足利花火大会2017の運営局から情報が見られると思いますので、ご確認ください!

足利花火大会2017は、足利夏祭りのクライマックスを締めくくる大会となっています。

今回で103回目を迎える歴史ある大会で、毎年40万人を超える来場があります。

打ち上げ花火の構成も、日本の有名花火師によって構成されていますので見ごたえは十分です!

そんな足利花火大会2017について、

『足利花火大会2017のフィナーレ時間は?ホテルや駐車場はどう?』

と題して、調査していきたいと思います。

いってみましょう!!!

Sponsored Links

 

足利花火大会2017のフィナーレ時間は?

『足利花火大会2017のフィナーレ時間は?』ということで、総打ち上げ数20,000発を予定している花火大会のフィナーレはどうなのか調査していきたいと思います。

足利花火大会2017の打ち上げ花火の見どころについてですが、先ほども言いましたが有名花火師が作る名玉花火や仕掛花火の競演、迫力たっぷりのワイドスターマインなどがあり、40万人を超える来場者を壮大な光と音のショーで魅了します。

という中でやはり一番の注目はフィナーレの花火と思いますが、足利花火大会2017のフィナーレは『大ナイアガラ』『大スターマイン』となっています。

足利花火大会のフィナーレは、足利夏祭りのグランドフィナーレにもなっているので、それにふさわしい打ち上げ内容を期待しておきましょう!!

 

足利花火大会2017のホテルや駐車場はどう?

『足利花火大会2017のホテルや駐車場はどう?』という事で、足利花火大会2017に参加する際の情報として『駐車場』と『ホテル』について調査していきたいと思います!

足利花火大会2017のホテルについてですが、下記の打ち上げ場所を示した地図を見てみますと河川敷開催という事もあり、近くにホテルは1件だけですね。

最寄り駅がJR足利駅南口から徒歩5分、東武伊勢崎線足利市駅から徒歩10分となっていますので駅周辺には多少のホテルはあると思います。

足利花火大会2017の駐車場についてですが、足利花火大会2017の駐車スペースは8,100台の無料駐車場が設置されるようです。

通常の花火大会より停められる台数はかなり多めとなっていますが、40万人の来場を考慮しますとそれでもあっという間に埋まる事も十分考えられますので、早め早めの来場に越した事は無いと思います。

 

まとめ

今回は『足利花火大会2017のフィナーレ時間は?ホテルや駐車場はどう?』ということで、調査・紹介をしてきましたが、いかがだったでしょうか?

開催時間105分の中に20,000発の花火が打ち上げられると考えますと、初めから終わりまで間髪少なく打ち上げられると思います。

また、僕個人的ではありますがフィナーレの『大ナイアガラ』『大スターマイン』の『大』がかなり気になります。

なので、皆さんも来場された際にはフィナーレの『大ナイアガラ』『大スターマイン』が通常のナイヤガラとスターマインと比べてどの程度大きいのか・迫力はどうなのかを調査されてみて下さい!

今回は以上になります。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました!!