こんにちは、栗です!

今回は、東京都板橋区で開催されます『いたばし花火大会2017』について紹介していきたいと思います。

開催予定日時は、8月5日(土)19:00~20:30になっています。

天気が良くない時の対応としましては、小雨は決行となり荒天時は8月6日(日)に延期となります。

打ち上げ予定数は、1万2,000発を予定しているそうです。

いたばし花火大会と言えば、トラの尾を用いて火柱を中央に集約する演出を交えたワイドスターマインがオープニング花火となっていますね。

また、花火競技会で優秀な成績をおさめた花火師の10名が手掛けた打ち上げ花火が、夜空を美しく飾るのも見どころの一つです。

いたばし花火大会の『ナイアガラの滝』は関東最長級と有名で、この花火が前半戦の最後を飾るそうです!

昨年好評だった新名物の『天空のナイアガラ』も打ちあがり、打ち上げプログラムの最後に東京最大の『尺5寸の大玉』がフィナーレを飾ります。

という事で冒頭からかなり盛り上がってしまいましたが、そんないたばし花火大会の『駐車場』や『最寄り駅』・会場案内関係を調査してみました。

題して、

『いたばし花火大会2017の駐車場や最寄り駅は?トイレや屋台も調査!』

いってみましょう!!!

Sponsored Links

 

いたばし花火大会2017の駐車場や最寄り駅は?

『いたばし花火大会2017の駐車場や最寄り駅は?』ということで、いたばし花火大会2017のアクセス関係を紹介していきましょう。

いたばし花火大会2017の駐車場に関してですが、会場内と会場近隣には駐車スペースは設けられていません。

交通規制があるかどうかという情報はありませんが、昨年基準で来場者数が50万人を超える花火大会ですので駐車場関係は補えなくても仕方ないと思います。

次にいたばし花火大会2017の最寄り駅についてですが、 『JR浮間舟渡駅』『都営三田線高島平駅』『西台駅』『蓮根駅』の4つとなります。

どの駅からも会場までは徒歩で20分くらいなので、会場までの散歩がてらには良い距離ではないかと思います。

駐車スペースがない為、来場される方のほとんどが電車での来場となりますので花火大会当日は、早めに来場されて観覧準備や近場の観光などされている方がよいのではないでしょうか!?

打ち上げ場所の地図を貼っておきますので、ご確認ください!


 

いたばし花火大会2017のトイレや屋台も調査!

『いたばし花火大会2017のトイレや屋台も調査!』ということで、会場内の屋台や施設関係を調査していきましょう。

いたばし花火大会2017のトイレについてですが、会場案内図がありますのでご覧ください。

トイレは18か所に設置されているようですね。ただ、男性用か女性用かまでは確認ができませんでした。

喫煙場所や売店などの表記もしっかりされているので、非常に分かりやすい案内図となっています。

屋台についてですが出店数に関しましては、上の図を参考に『広場』から『野球場』までの間にズラーっと屋台が

出店されますので、お買い求めが出来ないものはないのではないでしょうか?(笑)

人気店にはかなりの人が並ぶはずですので、欲しいものは早めに手を打っておくことが必要かもしれませんね。

 

まとめ

今回は『いたばし花火大会2017の駐車場や最寄り駅は?トイレや屋台も調査!』について、調査・紹介をしてきましたが、いかがだったでしょうか?

来場者数が50万人を超える花火大会となっているので、どこにいっても混雑はしているでしょうから焦らずゆっくり花火を楽しむのが一番良い考え方なのではないかと思います。

また、僕自身見た事がなりませんが『尺5寸の大玉』がどれほどの威力があるのか体験してみたいものです。

花火大会には少し珍しく、90分の間花火が観覧できますので何も考えずただ花火を見上げているのも悪くないかもしれませんね!!

いずれにしても、花火大会自体がかなりのスケール感がありますので当日来場されれば楽しめる事は間違いないと思いますので是非足を運んでみて下さい。

今回は、以上になります。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました!!