こんにちは、栗です!

今回は『江東花火大会2017』について、調査・紹介をしていきたいと思います。

江東花火大会2017の開催日時ですが、2017年8月1日(火) 19:40~20:30に開催される予定です。

荒天時(風速7m以上)の場合は、中止となります。順延はないようです。

江東花火大会の特徴と言えば、打ち上げ場所の荒川に浮かべた台船からメイン会場までの距離が150mほどの至近距離で打ち上げられるのが特徴ですよね!

これだけの至近距離で打ち上げられれば、かなりの迫力になりますし、4号玉を含むスターマインの観覧は豪華と言えると思います。

そんな特徴のある江東花火大会について、駐車場やアクセス関係と打ち上げ場所や屋台について調査してみました。

題して、

『江東花火大会2017の駐車場やアクセスは?打ち上げ場所や屋台も!』

いってみましょう!!!

Sponsored Links

 

江東花火大会2017の駐車場やアクセスは?

『江東花火大会2017の駐車場やアクセスは?』ということで、会場周辺について調査していきましょう。

江東花火大会2017の駐車場についてですが、会場周辺に駐車場スペースの設置はありません。

理由としましては、比較的住宅地の近くで開催されるのと、冒頭でも紹介しましたが打ち上げ場所からメイン会場までの距離がかなり至近距離の為と考えられます。

また、大会当日は会場周辺で交通規制もかかりますので、少し遠くに停める考えの方でも車での来場は控えた方が良さそうです。

なので、来場の際は公共の交通機関を使用されるのが良いと思います。

江東花火大会2017のアクセスに関してですが、電車では東京メトロ南砂町駅が最寄り駅となります。

駅から会場までは徒歩15分位の距離です。

開催時間ギリギリでの来場をされますと、混雑に巻き込まれるというのもありますが、観覧場所の確保が難しくなってしまいますので、当日は花火打ち上げ開始時刻の2時間くらい前には来場されていることをお薦めします。

 

江東花火大会2017の打ち上げ場所や屋台も紹介!

『江東花火大会2017の打ち上げ場所や屋台も紹介!』ということで、打上げ関係と会場内の出店について調査していきましょう。

江東花火大会2017の打ち上げ場所に関してですが、下記の図のようになります。

打ち上げ場所は、荒川に浮かべた台船となりますが見ての通り周りから見ると、町のど真ん中で大きな花火が打ちあがるイメージになります。

打ち上げ場所近くは、目の前に何もないのでかなりの迫力と共に花火が打ちあがるのをじっくり見れる事になりますね!

江東花火大会2017の屋台についてですが、メイン会場近くには出店がなく、どのくらいの出店かはわかりませんが屋台が設置されるようです。

 

写真を見て頂ければ分かる通り、メイン会場からは少し離れた場所に数店での屋台出店となっているみたいですね。

開催時間が50分と短いですし、開催が平日というのもあるのかもしれませんね。

 

まとめ

今回は『江東花火大会2017の駐車場やアクセスは?打ち上げ場所や屋台も!』について、調査・紹介をしてきましたが、いかがだったでしょうか?

打ち上げ数が約4,000発と少し少なめですが、他の花火大会にはあまりない臨場感を味わえる江東花火大会2017なので、時間を作れる方々はぜひ足を運ばれてはいかがでしょうか!?

僕が個人的に思ったことですが、止まって観覧する事はできませんが意外と首都高速の車の中が一番近くで花火を見る事が出来るのかもしれません。

もちろん、高速道路上での観覧は違反となりますので一瞬ですが・・・(笑)

いずれにしても、東京ならではの花火大会の一つなので楽しみな事は変わりありませんね!

今回は以上になります。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました!!