こんにちは、栗です!

今回は、茨城県水戸市の千波湖で開催予定の『水戸黄門花火大会2017』について調査していきたいと思います。

開催日時は、2017年8月4日(金) 19:30~20:30を予定しています。

荒天時は、2017年8月11日(金)の山の日に延期となります。

水戸黄門花火大会2017の打ち上げテーマは、『個性豊かな花火と湖面に映る逆さ花火をともに楽しむ』になってになっています。

水戸黄門花火大会の見どころは、やはりフィナーレの特大ミュージックスターマインが魅力です!

そんな水戸黄門花火大会2017について、

『水戸黄門花火大会2017のフィナーレや打ち上げ場所は?駐車場も!』

と題して、調査していきたいと思います!

いってみましょう!!!

Sponsored Links

 

水戸黄門花火大会2017のフィナーレや打ち上げ場所は?

『水戸黄門花火大会2017のフィナーレや打ち上げ場所は?』ということで、見どころのフィナーレについてと打ち上げ場所について調査していきましょう。

水戸黄門花火大会2017のフィナーレについてですが、冒頭でも言いましたが今大会の一番の見どころは『特大ミュージックスターマイン』になります!

画像での紹介となりますが、このフィナーレのミュージックに合わせた数々の打ち上げ花火のコラボは圧巻です。

フィナーレの時間ですが、20:15~20:20頃を目安にしておくと良いと思います。

水戸黄門花火大会2017の打ち上げ場所についてですが、こちらも冒頭で紹介しました通り茨城県水戸市の『千波湖』から打ち上げられます。

見てお分かりの通り、千波湖周辺には一部を除いて何もないのでどこから見ても綺麗な打ち上げ花火が観覧できるかと思います!

打ち上げ数は4,500発と少なめなので、打上げスピードもゆっくりとなるでしょうし、フィナーレの打ち上げがかなりのウエイトを占めると思います。

 

水戸黄門花火大会2017の駐車場情報も紹介!

『水戸黄門花火大会2017の駐車場情報も紹介!』ということで、会場周辺の駐車場状況や交通機関について調査していきましょう。

水戸黄門花火大会2017の駐車場についてですが、2,000台の無料駐車場と有料駐車場があります。

有料駐車場に関しては、無料駐車場が満車になり次第臨時で設置されるものと思います。

無料駐車場が2,000台とあるので、余裕だと思ってしまった人は気を付けて下さい!

当日は30万人を超える来場者数が見込まれていますので、2,000台の駐車場はあっという間に満車になってしまうと思われます。

なので無料駐車場に駐車したい方は、遅くとも開始時刻の3時間前には来場されていた方が良いと思います。

車で来場される方は、当日会場周辺は交通規制がありますのでその辺も頭に入れておきましょう。

花火大会終了後の混雑渋滞は相当なものとなると思いますので・・・

車での来場の方に最寄りICを紹介しておきますので、ご参考にしていただければと思います。

*常磐道水戸ICから車で20分

*北関東道水戸南ICから車で15分

車での来場に不安がある方で公共の交通機関での来場をされる方は、JR水戸駅南口から徒歩15分となります。

僕のお薦めは、車での来場です。

電車での来場が一番良いように思いますが、最寄り駅が一つの為車以上にとてつもない混雑が予想されます。

車での来場も会場近くに駐車しますと、帰りの渋滞の餌食となりますので、多少歩いても少し遠めなところに駐車されるのがコツと思います。

 

まとめ

今回は『水戸黄門花火大会2017のフィナーレや打ち上げ場所は?駐車場も!』について調査・紹介をしてきましたが、いかがだったでしょうか?

何と言っても当日の来場者数が30万人を超えますので、色々な部分での多少のリスクは覚悟の上で御来場されてください!(笑)

帰りの混雑を避ける為、花火大会終了前に帰宅されるのもありかと思いますが、水戸黄門花火大会2017はフィナーレが見どころなのでこれを観覧されないと来場される意味が半減されてしまうと思います。

会場の雰囲気に拘らない方は、フィナーレを車や駅近くで観覧されるのもありかもしれませんね!

今回は以上になります。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました!!