こんにちは、栗です!

今回は『立川花火大会2017(立川まつり国営昭和記念公園花火大会)』について紹介していきたいと思います。

開催予定日時は、7月29日(土)19:20~20:20を予定しています。

小雨時には決行となり、荒天時は2017年7月30日(日)に順延となります。

立川花火大会は東京都立川市で開催され、見どころとしましては『尺玉』『1尺5寸玉』『ワイドスターマイン』などがあげられます。

日本煙火芸術協会の芸協玉やオリジナルスターマインなどの趣向を凝らした花火も打ちあがるのが特徴となりますね。

国営記念公園での開催となりますので、通常の花火大会と比較しますと『ゆったり』と観覧できるのでご家族連れの方にはとても良いですね!!

そんな立川花火大会2017について少しでも有意義に観覧できればと思いましたので『駐車場』や花火が『見える場所』『見やすい場所』などを調査してみました。

題して、

『立川花火大会2017の駐車場や見える場所は?フィナーレ時間も! 』

いってみましょう!!!

Sponsored Links

 

立川花火大会2017の駐車場や見える場所は?

『立川花火大会2017の駐車場や見える場所は?』という事で、駐車場情報と花火の観覧について調査していきましょう。

立川花火大会2017の駐車場についてですが、立川花火大会2017専用の駐車場はないようです。

国営記念公園に併設の有料駐車場が利用可能となっており、『立川口』『西立川口』『砂川口』のの3か所にあります。

利用料金は普通車で800円となっています。一番駐車台数が多いのは『立川口』となっています。

ですが、有料駐車場であっても花火大会当日はあっという間に満車になってしまいますので、駐車場を確実に確保されたい方は、交通規制の兼ね合いもありますので午前中には到着しておいた方が良いと思います。

また、花火大会終了後も大変な混雑となると思いますので、会場から帰るのにはかなりの時間を要する事になると思います。

なので車で来場されるより、出来るのであれば公共の交通機関での来場の方が良いかもしれません。

電車等で来場されても帰りは混雑しますが、時間で考えれば早いと思います。

立川花火大会2017の打ち上げ花火が見える場所に関してですが、お薦めは『立川警察署前の交差点付近』『イトーヨーカドー 東大和店』です。

『立川警察署前の交差点付近』は結構目立つ場所に位置していますが、なぜか人が少ないので見える場所の一つです。

『イトーヨーカドー 東大和店』はこちらも意外なのですが、花火大会当日は屋上が無料開放されている為見える場所としましては、これ以上ないスポットと言えると思います!

立川花火大会2017のフィナーレ時間も紹介! 

『立川花火大会2017のフィナーレ時間も紹介!』という事で、立川花火大会2017のフィナーレについて調査していきましょう!

立川花火大会2017のフィナーレの予想時間ですが、20:20分終了という事で15分から20分前の『20:00~20:05』がフィナーレの開始時間と思われます。

過去の立川花火大会を調べましても、そのくらいの時間になっていますので2017年の今年もそんなに狂いは出てこないと思っています。

立川花火大会2017のフィナーレの打ち上げ花火の内容ですが、冒頭でもお話ししました通り『尺玉』『1尺5寸玉』『ワイドスターマイン』がメインとなってくるでしょう。

各花火大会の企画の最後を飾る最高の見せ場がフィナーレなので、皆さん見落としの内容に時間を気にされてみて下さい。

まとめ

今回は『立川花火大会2017の駐車場や見える場所は?フィナーレ時間も!』について、調査・紹介をしてきましたが、いかがだったでしょうか?

立川花火大会2017の打ち上げ数は、約5,000発の打ち上げが予定されています。

昨年の来場者数は約37万にとなっている為、国営公園といえども多少の混雑は免れないでしょう。

なので、穴場スポットを見つけ出して打ち上げ花火を堪能できるように色々と探し回ってみましょう!!

今回は以上になります。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました!!