大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンの人気アトラクション『ザ・フライング・ダイナソー』が、8月20日午後4時頃に緊急停止したという報道がありました。

乗客は約30人ほどで、停止してから30分ほど身動きが取れない状況だったという事です。

その後、従業員が乗客1人ずつ安全な場所に誘導され、けが人はいなかったようです。

30分間宙吊りになった件に関してUSJ側は、『安全確保に万全を期すための処置』としています。

という事で、この事件に関して調査していこうと思います。

題して、

『USJでコースターが緊急停止した原因は子供?停止場所や今後の動向も!』

いってみましょう!!!

Sponsored Links

 

USJでコースターが緊急停止した原因は子供?

『USJでコースターが緊急停止した原因は子供?』ということで、ザ・フライング・ダイナソーが緊急停止した原因について調査していきましょう。

原因については、前にコースターに乗車していた子供が立ち入りが制限されているレール内に入ってしまいそうになったので、従業員が緊急停止させたようです。

この場合、子供が原因と考えてしまいそうですが、コースターから降りた際に立ち入り制限区域に容易に入る事ができてしまう事が最大の原因となるのではないでしょうか?

実際にはどういった立ち入り制限の表記をしているのかが分かりませんが、USJ側が今後こういった事故が起こらないようにするのが安全運行をしていく上で必要な事ではないかと個人的には思います。

 

USJでコースターが緊急停止した停止場所や今後の動向も!

『USJでコースターが緊急停止した停止場所や今後の動向も!』という事で、停止場所やUSJの今後の動向について調査していきましょう。

USJでコースターが緊急停止した停止場所についてですが、コースターが発車して間もなく緊急停止されたという事で、不幸中の幸いで緊急停止場所としましては安全率が高い場所と言えるのではないでしょうか!?

安全な確率が高いと言いましても、乗客の向きが宙づり状態だった訳なので待っている時間は多少の怖さはあったと思います。

USJの今後の動向という事で調査しましたが、今現在では今後についての言及情報はないようです。

先程も意見させていただきました通り、USJがザ・フライング・ダイナソーを運行していく上で乗客の安全を最優先に考えて頂けるのであれば、立ち入り制限区域の表記改善や乗車後の安全確保についてしっかりと対策を立てて頂きたく思います。

事故が起きてからの対処法などには力を入れずに、これだけの人気テーマパークなので来場客への配慮を心からお願いしたいですね!

 

まとめ

今回は『USJでコースターが緊急停止した原因は子供?停止場所や今後の動向も!』ということで、調査してきましたが、いかがだったでしょうか?

半分以上が僕からのお願いの様になってしまいましたが、僕が思うという事は相当数の方々が同じような考えを持っていると思います。

なので、今後のUSJの動向に注目してみたいと思います。

僕もそうですが、USJが好きな方は大多数いらっしゃると思いますので『USJめっちゃ面白い』というイメージを続けられるようにしていただければと思います。

僕個人的には大いに期待させていただきます!!

今回は以上になります。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました!!