こんにちは、栗です。

野球の基本中の基本と言えば『キャッチボール』ですよね!?

ほとんどの方が野球を始めようと思った時に真っ先にやる行動がキャッチボールだと思います。

そうなんです。キャッチボールは、プロ選手でも初心者でも野球の基本となるもなのです。

野球において一番多い行為は、投げる・捕るになります。

キャッチボールは野球人にとって会話と同等の扱いになり、キャッチボールがしっかりできない選手・チームは僕の経験してきた限り強いチームはありませんでした。

逆に捉えればキャッチボールがきちんと正確にできる選手・チームが強いという事になります。

今回は、野球で最も大事な基本のキャッチボールについて解説していきます。

 

キャッチボールはなぜ重要なの?

何度も言うようですが、キャッチボールは野球人にとって最も重要な基本行為となります。

なぜか?

キャッチボール=会話

だからです。

当たり前のようですが、これをしっかり理解して野球をしている人は以外と少ないです。

キャッチボールは、練習前・試合前の肩慣らし行為という理解でいる人が多いです。

間違いではありませんが、その程度の理解の人に野球が上手い人はいません。

キャッチボールは、投げる人と捕る人のコミュニケーションがしっかりできて成り立ちます。

投げる人は、フォームを確認しながら捕る人の構えているグローブをしっかり狙って投げ、捕る人は投げて欲しい位置にしっかりグローブを構え『ここに投げなさい』という事を投げる側にアピールをします。

この意思疎通をしながらキャッチボールをしているペアとしてないペアとでは野球の上達速度に大きな差が生まれてきます。

実際のところ僕も野球を始めた頃はこれを理解できていなかったので、肩の強さは体の成長と共に強くなりましたが、ボールを思ったところには投げれてはいませんでした。しかし、キャッチボールの意図をしっかり理解してからそれを実際に行ってからは、ボールが狙ったところに投げられるようにもなり、投手になってからも捕手が何を意図してそこに投げて欲しいのかを理解できるようになりました。

なので、キャッチボールは野球にとって最も重要な基本と言いきれるのです。

Sponsored Links

キャッチボールの投げ方と捕り方!

では、キャッチボールの基本的な投げ方と捕り方を紹介していきましょう。

 

投げる側

投げ手は、相手の構えているグローブの位置に絶対に投げるという意識で投げましょう!

その意識こそが投げる為の体の動きを覚えるコツになります。

投げる相手を見るのではなく、投げる相手が構えているグローブの一点に集中するのが大事です。

これを繰り返し練習する事により、投げる瞬間のリリースポイントを体に覚えこませる事が出来ます。

それともう一つ。

投げる腕の反対側の腕の使い方です。(右投げの方は、左腕になります。)

反対側の腕は、投げるグローブの方向にまっすぐ伸ばし投げる瞬間に一気に引き込みます。

これをすることにより、狙う方向を正確に出来るのと同時に引き込む事により体に回転力が加わり強いボールが投げる事が出来ます。

 

捕る側

捕る側の人は、投げる側が狙いやすい様に大きく・見やすく構えましょう。

足は肩幅より少し広めにして膝を少し曲げます。

次に胸を張り、体全体が大きく見えるように相手を見ます。

そして、グローブは投げ手に対し真っ直ぐ出しポケットの部分がはっきり見えるようにしてあげましょう。こうする事により、投げ手がしっかり狙いを定める事ができます。

 

まとめ

キャッチボールが大事な理由と基本動作を解説してきました。

キャッチボールを疎かにしてしまいますといくら知識や技術を習得してもできて人並み程度になります。

キャッチボールが練習前・試合前に必ず行われるのには肩慣らしだけでは無い事が少し理解できていただいたかと思います。

後は練習を繰り返していただければ自ずと狙ったところにきっちり正確に強いボールが投げられるようになります。

僕も経験してきたことなので自信を持って言えます。

言い忘れていましたが、キャッチボールをしっかりやるようになってから投げる行為以外も不思議な事に上達が早くなり、野球をするのがとても楽しくなったのを覚えています。

 

キャッチボールが大事という事をしっかり理解し、実践し、野球をどんどん楽しくしていきましょう!!!