こんにちは、栗です。

野球をしたり、見たりする上で『投げる』『打つ』『守る』という所は初心者の方でもイメージしやすいかと思います。しかし、野球の大事な要素のもう一つとして『走る』があります。

大抵の方は、野球は打たせるか打たせないかで勝負が決すると考えているでしょう。

その考え方も間違えではありませんが、レベルの高い野球になればなるほど『走る』という所で勝負が決すると言っても過言ではない程『走塁』は大事になってきます。

走塁がうまくなる事で試合は優位に進められるようになるでしょう。

という事で、今回は走塁の基本とテクニックについて解説していきたいと思います。

 

走塁の用語を紹介!

当たり前ですが、打者はボールを打った瞬間から走者になります。

走塁にはいくつかの用語がありますので紹介していきます。

リード → 投手がセットポジションに入った時にベースから少し離れる事です。

オーバーラン → ヒット等で目の前の塁から次の塁を狙おうとする行為の事です。

盗塁 → 投手が投球動作に入った際に次の塁を狙い走る事です。

第二リード → リードから投手が投球動作に入った際にさらに大きくリードを広げる行為の事を言います。

タッチアップ → 3塁にいる際に打者が外野フライを打ち外野手がボールを取った瞬間に3塁ベース上からホームを狙って走る行為の事です。しかし、タッチアップが出来るのは無死と1死の時に限ります。2死の時では、外野手にフライを取られた瞬間にチェンジとなってしまう為タッチアップは無効になります。

細かい用語は数多くありますが、最初はこのくらい覚えておけば問題ないでしょう。

Sponsored Links

走塁の基本動作を解説!

次に走塁の基本的な動作を覚えていきましょう。

走者として塁上に出た際に一番大事な事は、ボールから目を離さない事です。

ベンチのサインなどを見る等の目を離さなければならない時は、必ず塁上にいましょう。

塁にいない時にボールから目を離してしまうとボールを持った野手にタッチされアウトとなってしまいます。なので、塁上にいる時以外は必ずボールの位置を把握するようにしましょう。

次に投手が投球動作をする時の動きです。

投手がセットポジションに入ったら、2~3m位の『リード』をします。

2~3mと言いましたが、特に決まっているわけではありません。投手からの牽制が投げられてきても塁に戻れるくらいのリードを取ります。

投手がセットポジションから投球動作に入ったら、『第二リード』を取ります。

第二リードとは、打者が打った際にすぐに次の塁に走る為の助走のようなものであったり、投手・捕手にプレッシャーやフェイントをかける動作の事です。この時、第二リードを取りすぎてしまうと捕手から送球されてタッチアウトにあってしまうので注意です。

投手の投げる動作の癖やタイミングを読んだり・見切ったりして打者が打たずに次の塁に走る行為を『盗塁』と言います。盗塁とは、打者が打たずして走者のテクニックだけで得点するチャンスを広げる為の行為です。しかし、むやみに走ってタッチアウトになってしまうと攻撃の流れを止めてしまいますので、ある程度自信がある時やサインの時に実行しましょう。

3塁の塁上にいる時に、打者が外野フライや内野に深めのフライを打った時に野手が捕球した瞬間にホームを狙いスタートを切る事を『タッチアップ』と言います。なので、3塁にいる時にフライが上がった際はタッチアップのチャンスとなりますので覚えておきましょう。しかし、この行為が出来るのは『無死』『一死』の時のみ実行可能となります。また、野手が捕球する前にスタートを切ってしまうとベースから離れている時と同じ扱いになってしまい、ボールを持った選手に3塁ベースを踏まれてしまうとアウトになってしまいますので注意して下さい。

 

まとめ

走塁の基本と基本動作について解説してきました。

今回は基本中の基本という事で説明をしてきましたが、走塁技術は得点を取っていく為には重要な要素の一つですのでしっかり練習をしておきましょう。

走塁が上手なチームほど勝率が高くなります。

また、走塁をうまく使うと守備をしているチームの選手にプレッシャーとなりミスを誘う事も出来ます。

ミスを誘う事が出来れば簡単に次の塁へと進む事が出来る為、結果として得点を取る確率を上げる事が出来ます。

もう一つメリットを上げるとすれば投球動作に入っている投手の視界に走者の存在をチラつかせる技術を身に着ける事が出来れば、投手の集中力が欠けて打者に対して甘い球を投げ込む可能性が上がり、打者のヒット率がグンと上がります。

 

走塁を上達させていき、チームを勝利へと近づけていきましょう!!