福岡県は1月12日に、筑後市の高齢者施設で60代~90代の入所者28人と20代の女性職員1人に発熱やせきなどの症状が出て、このうち入所女性2人が入院先で死亡したと発表したという報道がありました。

集団感染の疑いがあるとして原因などを調べています。

福岡県によりますと、高齢者施設には45人が入所。

1月4日に2人が発熱や呼吸困難を訴え、翌5日に肺炎と診断された女性(95)が亡くなられています。

1月7日に発熱した女性(95)も10日に肺炎と診断され亡くなられたそうです。

なくなられた2人のインフルエンザ検査は陰性だったようです。

1月12日までに発症した計29人のうち、入所者11人に症状があり、うち4人が入院中とのこと。

いずれも症状は軽いということです。

福岡県は1月11日に、高齢者施設から報告を受けて、入所者の健康状態や検体の調査を開始しました。

症状のある人とない人の空間を分け、対応する職員にも区別するよう指導しているとのことです。

ということで、集団感染が疑われている今回の問題について調査していきたいと思います。

題して、

『福岡の高齢者施設で集団感染の病名は?感染経緯と対策も調査!』

いってみましょう!!!

Sponsored Links

 

福岡の高齢者施設で集団感染の病名は?

『福岡の高齢者施設で集団感染の病名は?』ということで、今回福岡県の高齢者施設で起こった集団感染の病名について調査してみましょう。

感染源については現在調査中との事ですが、インフルエンザでもない集団感染という事でどんな病気が考えられるでしょうか?

一部では、ノロウィルスが集団感染を起こしたのではないかという声もありますが、感染した方々の症状の情報を見てみますと少し違う気がします。

ノロウィルスは、下痢や嘔吐がひどい病気というイメージがあり、今回のような『発熱』『せき』『呼吸困難』『肺炎』という症状はあまりないでしょう。

僕自身ノロウィルスに感染したことがありますので、この症状が無かったことは体験済です。

重度の風邪になりますと『発熱』『せき』の他に『呼吸困難』『肺炎』まで重くなってしまう事もありますよね!?

ですが、風邪にそこまでの感染力があるとも思えませんのでこれも違う気がします。

新種の病気というわけでも無い様なので、いろいろ調べてみましたが、素人では何の病気かを判断するのは難しそうですね。

 

福岡の高齢者施設で集団感染の感染経緯と対策も調査!

『福岡の高齢者施設で集団感染の感染経緯と対策も調査!』ということで、どういった感染経緯があるのか、またその対策について調査してみたいと思います。

先程から申し上げていますが、感染の原因は現在調査中との事なので、感染経緯や対策などの情報は公表されていません。

いったいどんな感染経緯が存在するのでしょうか?

高齢者施設に通われている方々は、基本的に自分の家と施設の往復になると思いますので、高齢者ご自身がどこかからウィルスを運んできたという風には考えにくいかと思います。

なので、そのご家族・友人などから感染し、施設で猛威を振るったのではないでしょうか?

あくまで僕の主観による考えなので、確かな証拠はありません。

今後の対策については、感染源や経緯が判明してから考えられるのではと思います。

 

まとめ

今回は『福岡の高齢者施設で集団感染の病名は?感染経緯と対策も調査!』ということで、調査してみました。

高齢者は免疫力が衰えてきている為、今回の様にウィルスが広まってしまったのではないでしょうか?

今回集団感染をさせてしまった高齢者施設に関しても、今後二度と起きないような対策をこれから考えていくことでしょう。

今回の集団感染で亡くなってしまわれた方のご冥福をお祈り致します。

 

今回は以上になります。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました!!