1月7日の18時半ごろに、群馬県藤岡市鬼石の無職『佐藤武司(64)』さんの家から出火し、木造一部2階建て住宅が全焼したという報道がありました。

火災は、佐藤さん宅の周辺の住宅にも燃え広がり、消防によると、少なくとも8棟に延焼したとのことです。

火災は、22時ごろに鎮圧したそうです。

群馬県藤岡市の火災現場は、藤岡市役所鬼石支所にも近い中心街で、周辺には病院などもあります。

近隣に住む20代の男性は『このあたりは古い建物が密集している。近くでこんな火事が起きて驚いた』と話していたとの事です。

ということで、群馬県藤岡市鬼石で起きた火災について調査していきたいと思います。

題して、

『群馬県藤岡市鬼石の火災の出火原因は?二次災害の危険性も調査!』

いってみましょう!!!

Sponsored Links

 

群馬県藤岡市鬼石の火災の出火原因は?

『群馬県藤岡市鬼石の火災の出火原因は?』ということで、佐藤さん宅からの出火は何が原因かを調査していきたいと思います。

火災の出火原因ですが、現在までのところ判明はされていないようです。

今の時期は乾燥していますし、木造の古い建物という事で、ほこりなどが暖房器具で発熱し火災化するケースは珍しくないと思います。

こうしたことはどうしても起こりやすいそうなので、ある程度の湿気を作っておく必要があるのではないでしょうか?

基準は難しいかもしれませんが、消防法などで対策基準を設ける事が必要なのではないかと思います。

なかなか動かないのが人なので、法律化して義務化する事が出来れば一番良いのではと考えます。

 

群馬県藤岡市鬼石の火災の二次災害の危険性も調査!

『群馬県藤岡市鬼石の火災の二次災害の危険性も調査!』について調査していきましょう。

今回の火災の二次災害についてですが、出火原因を調査中かと思いますが、近隣や建物による二次災害の危険性は注意喚起も無い様なので心配はないものと思われます。

念のためしばらく近づく事はしない方が良いでしょう。

こういった自然災害による事故は、時間が経ってから予期せぬことが起こる可能性があるそうなので、鎮火して間もない時に近づくのは危険だと思います。

 

まとめ

今回は『群馬県藤岡市鬼石の火災の出火原因は?二次災害の危険性も調査!』という事で、調査してみました。

僕自身も幼い頃に間近で火災現場を見た事がありますが、炎の燃え広がり方や建物の倒壊などを思い出すだけで今でも恐いくらいです。

自然災害クラスでは、地震や雷に比べると火災は危険度が低いとされていますが、用心に越した事はないと思いますので、冬のこの時期は、近くに湿気が作れるものを置いておくと良いと思います。

 

今回は以上になります。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました!!