2月25日午前10時45分頃に、千葉県館山市の民間更生施設で入所者の『伊藤貴明(40)』被告を覚せい剤取締法違反罪で起訴、保釈中の保釈を停止し、収容するために函館地検の係官らが訪ねたところ、伊藤貴明被告が施設から逃走したという報道がありました。

千葉県警で行方を追っているとのことです。

千葉県警館山署によりますと、伊藤貴明被告は函館地検の係官5人が施設の管理者と話し合っている間、裏口から裸足で逃げたということです。

逃走した際の所持品などは分かっていません。

民間構成施設はNPO法人が運営し、薬物やアルコール依存症などから回復を目指す人を受け入れて共同生活を行っています。

伊藤貴明被告は、3人部屋で暮らしていたそうです。

伊藤貴明被告は、身長が175cmぐらいで体型はがっちりしており、髪形はオールバック姿とのこと。

逃走時は、上下とも紺色の作業着のようなものを着ていたということです。

という事で、伊藤貴明被告について調査してみたいと思います。

題して、

『伊藤貴明被告の逃走の行方や顔画像は?監視体制についても調査!』

いってみましょう!!!

Sponsored Links

 

伊藤貴明被告の逃走の行方や顔画像は?

『伊藤貴明被告の逃走の行方や顔画像は?』ということで、伊藤貴明被告について調査していきましょう。

逃走の行方に関してですが、現在は千葉県警で捜査中で、まだ伊藤貴明被告の行方は分かっていないとの事です。

伊藤貴明被告の出身地などを調べてみましたが、特定はできませんでした。

なので、土地勘があれば捜査も難航するかもしれませんが、もし館山市自体が初めてだとすれば案外すぐに発見されるかもしれませんね。

土地勘が無い場合、近くの工場や建物内に潜伏する可能性が比較的高い傾向にあるそうなので、地元警察であれば問題なく探し当てるでしょう。

人間の習性という事なのでしょうか!?

伊藤貴明被告の顔画像についてですが、出来る限りの調査はしてみましたが、発見する事はできませんでした。

覚せい剤関係の事なので、逃走が発覚した時点で顔画像などはすぐにでも公開しても良いのではないかと個人的には思います。

伊藤貴明被告の逃走情報は、

・身長175cmぐらい

・体型はがっちり

・髪形はオールバック

・上下紺色の作業着のようなもの

となっています。

 

伊藤貴明被告の監視体制についても調査!

『伊藤貴明被告の監視体制についても調査!』ということで、逃走時の監視体制について調査してみましょう。

逃走時の監視体制についてですが、『函館地検の係官5人が施設の管理者と話し合っている間』に逃走とありますので、伊藤貴明被告をしっかり監視していた人はいなかったのだと思います。

更生施設であっても、逃走を狙っている人間は少なくないと思いますので、話し合いなどをするにしても監視官くらいは付けなければなりませんね。

函館地検のミスと言っても良いと思います。

施設側も注意は必要だったかもしれませんが、習慣の施設ではないようですので地検は厳重体制が必要だったでしょう。

やはり、容疑者や被告になっている人間にほんの少しの隙も与えてはダメということですね。

 

まとめ

今回は『伊藤貴明被告の逃走の行方や顔画像は?監視体制についても調査!』ということで、調査してきましたがいかがだったでしょうか?

映画やドラマなどでは同じようなシチュエーションは何度となく見ていますが、実際の現場でも同じような事が本当に起こるのかと感じさせられました。

先程も言いましたが、伊藤貴明被告のような人間が常に隙を狙っているという事を再認識して、今回のような時の対策をしっかりと立てて頂きたいと思います。

早く捕まえてしっかりとお灸をすえて頂きたいと心から思います。

 

今回は以上になります。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました!!